土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

不定愁訴|漢方薬

漢方薬/背中がこる、首がこる、肩がこる。 首がほてる、肩甲骨~首が火照る。

35歳以降は陽明脈が衰えることの漢方理論。冷えると背中がこる、首がこる、肩がこる。首がほてる、肩甲骨~首が火照る。脳に行く血管が圧迫される→脳への血流量が減る→脳への酸素が足りなくなる。交感神経↑→血圧上昇。陽気不足→体の冷え→筋肉のコリ

不妊症。結婚3年目で仕事にも家庭にもストレスがあり辛く、いまは休職中

おはようございます。 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 山形は、一昨日が天童祭り、昨日が東根祭りと夏祭りの季節になっています。 今年の夏は暑いですから、祭りも大いに盛り上がっています。 さて、2010年7月15日号の土屋薬局メールマ…

更年期障害の漢方相談で、不眠、五十肩、肩甲骨も

約35分間くらい、お話を聞かせて頂いていました。 もうすぐ60歳になろうとする主婦の方からですが、体調が悪いために、今まで外出が難しかった。 自分の悩みを聞いてくれる人が居なかったので、今日は電話をして本当に良かったと喜んで頂きました。 婦人…

漢方における呑気症(空気嚥下症)とストレス、原因、解消法について

<漢方における呑気症(空気嚥下症)とストレス、原因、解消法について呑気症(空気嚥下症)> 漢方相談のYさんは、53歳の女性です。 起立性低血圧の持病がありますが、昨年の12月初頭から気分が悪くなり、大学病院で検査しても異常はありませんでした…