ブログ版土屋薬局 中国漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの10年間の不妊体験を活かしてお客様の相談にあたっています。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、ぜひご相談ください。また育児の悩み、痛みしびれ、耳鳴りなども。ご予約のうえご来店または電話相談0237470033またはツイッターのDMまたは漢方相談表、子宝相談表のフォームをご利用下さい。

漢方薬局で相談を受ける婦人病について

「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ

おはようございます。 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 今朝の山形は朝から晴れ渡り、気持ちの良い天候でした。 若木山(おさなぎやま)は私の家から歩いて10分ぐらいのところにありますが、とても気持ちが良くてカッコウが鳴いていました。 …

漢方薬局で相談を受ける婦人病について3…ハードルは高いが、40歳を過ぎても妊娠する可能性はある

漢方薬の不妊症へ、月経周期ごとに漢方薬を使い分ける周期療法のポイント。ハードルは高いが、40歳を過ぎても妊娠する可能性はある。昔は避妊など普及していないときには、45歳でも妊娠して出産している人がけっこういた。ただし不妊治療を止めたい方も

「漢方薬局で相談を受ける婦人病について2」…不妊症の漢方の周期ごとに使い分ける漢方周期療法は、よく効く

「漢方薬局でで相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ─の2回目です。 私のメモ帳から、復習をかねてランダム形式で書き写します。 (私のメモ帳の清書ですから、今回は分かりにくいかもしれませんので意味不明のとこなどはご…

「漢方薬局で相談を受ける婦人病について」不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ

6月26日(日)に仙台で、東京医科歯科大学産婦人科の医師であり、婦人科医である講師の別府先生の特別講演「店頭で相談を受ける婦人病について」─不妊症の漢方薬の使い方を婦人科医に学ぶ─を聞きにいきました。 通常、お医者さんは忙しいのでなかなか講演…