土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

お客様たちから年賀状を頂戴しました。2021年

f:id:jdy00247:20210108104910j:plain

2021年のお客様から頂戴した年賀状の一部です。

毎年、この土屋薬局のブログではお客様たちから年賀状をいただいたことを報告してきました。じゃん、今年の2021年、令和三年の年賀状を振り返りたいです。

子宝相談に特化するようになった2000年だいから、毎年、子宝に恵まれたお客様からの年賀状の報告や幸運なことにその後も一部のかたですがずっと年賀状をやり取りしている方もいます。

それが私の友人、知人の子供との家族写真と一緒になって楽しい思い出となっています。

 

1)米沢市のお客様夫妻より

漢方を服用して体調がよくなりました!幸多き一年になりますように心から祈念申し上げます。

‥私も妻も名前には「幸」という感じをもっているので「幸多き」には大感激です。

 

2)天童市のお客様夫妻より

あけましておめでとうございます。夫婦でお世話になっています。今年もよろしくお願い致します。

 

3)最上郡のお客様より

もう10年くらい前のお客様でいまだに年賀状のやり取りが続いています。

お子様たち、すくすくとお元気だそうです。

むかしはけっこう最上郡からのお客様のご相談も多かったです。

 

4)北海道から

わたしの薬科大学時代の同級生から。ちょうど1人目、2人目のときに体外受精の不妊治療+漢方での体質改善、漢方バックアップをしていました。うえのお子様は中学生になったそうです。ご家族4人の笑顔に感無量です。

当時、名字が変わっていたので同級生とは気が付かずにずっとメール相談していました。1人めのお子様が生まれてから、カミングアウトしてもらって、「あっ!」と思いました。通常は薬剤師さんのお客様は薬の専門家なので、こちらの言うことを素直に聞いてもらえないこともありますが、やたら素直なかたで私は信用されていましたので、なんでだろう?と思っていましたが、実は同級生で同じ時代を東京のキャンパスで過ごしていたので嬉しい限りです。

 

5)新潟県から

むかしは新潟県からもけっこうお客様が来店されたものです。

こちらのお客様夫妻、とても明るくてご主人さまもその後も何度か、仙台への道中に東根の土屋薬局に立ち寄ってもらったり、懐かしい思い出です。

息子さんがお生まれになってよかったなあと思います。

一家に跡継ぎができるって素晴らしいですね。

 

6)新潟県から

不妊漢方相談、周期療法を勉強を始めたときのお客様。

めでたい結果に感激です。

当時、わたしの父親の信一先生が対応してくれました。

2年前に亡くなった父親にも感謝の毎日です。

お子様たちはもう高校生ぐらいかな。

 

7)北海道のお客様から

むかしはいまほど子宝相談の漢方相談がメジャーになる前には、当店にも全国から不妊相談があったものです。めでたく良い結果になりまして、こちらのお客様も10年ぐらいの年賀状のやり取りです。温かい気持ちになります。

 

8)最後は県内のお客様より

 

正真正銘の子宝の年賀状です。

今年一番嬉しく思った年賀状です。おめでとうございます。

「おかげさまで無事出産することができました。ありがとうございました。また我が子と一緒にお店に伺います」

我が家に新しい家族が仲間入りして、にぎやかな毎日を過ごしています。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

また嬉しい話がぞくぞく続くように2021年、今年もどうぞよろしくお願い致します。