土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

仙台市での南東北中医薬研究会で3人の先生の講演がありました。

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

だいぶ遅くなりましたが、先日の7月28日に仙台市での南東北中医薬研究会の模様を紹介させてください。

 

貝津先生のご講演

今回は、南東北中医薬研究会の新旧会長の講演でした。2019年7月28日 ANA仙台ホテル

福島県の冬虫夏草で有名な貝津先生のご講演は「健胃顆粒と勝湿顆粒の使い分け」です。外湿+内湿の割合で、健胃顆粒と勝湿顆粒の配合を変化させて胃腸疾患に対する漢方を処方していくものでした。

ふだん、土屋薬局ではあまり胃腸の相談がないものなので、とても参考になりました。この地域ではどうしてもファーストチョイスが消化器内科の先生のところになりますので、食欲不振や下痢、軟便での薬局への相談あまりないので、具体的な薬局漢方のイメージができたいい講演でした。

 

土屋の講演

二番目が土屋の講演でした。

前日の土曜日にイスクラ産業の高野さんが訪店されて、スタッフの勉強会と同時にお店を写真撮ってくれたので、その説明です。

土屋薬局のミニ勉強会

2019年7月27日 土屋薬局でミニスタッフ勉強会

ちなみに前日の午後3時に翌日の仙台での定例会をまえにわざわざ高野さんが訪店して、私達スタッフに中医学を教えていただきました。

「湿邪と脾胃の不調」と「五行草スベリヒユ」についてです。

この蒸し暑さが厳しい季節は胃腸に負担になり、それから食欲不振等夏バテになりますから、しっかりと健康を維持していきたいものですね。

 

土屋の講演

熱弁する土屋、撮影者は同行の幸先生です。

40分間の話でした。土屋薬局の最近の模様というゆるいテーマです。

本来は気合がのれば「脱グーグル」「脱SEO」についてと経営論になってもいいかとも思いましたが、そこまでいかず中医学の話や近況などについてお話させて頂きました。

 

その後にパラマテックの血流計の話し、そして最後に宮城県の川島先生のお話です。 宮城県大崎市古川にお店がある漢方専門店です。新しくなりとてもきれいになりました。

川島先生

川島先生

これからのクレジットカードやペイペイ?などの話でした。とても参考になりました。

 

東北の夏祭りビール

その後は、仙臺薬局さんがオーナーのハーブ仙臺ビルへ。美味しくビールをのみ

ホヤ

久しぶりにホヤを食べました!

昔は出羽桜の辛口を飲みならがら、ホヤ旨いね~と居酒屋で過ごしていたものでした。

いまはダイエットのためにビールを飲まず、あまりバカくいせず。です。

ほんとに久しぶりのビールでしたが、悲しいかな、もう人生の後半戦なので若いときのようにはがぶがぶ飲めず。

日本酒

日本酒は、仙台市の森民酒造本家の森乃菊川純米がちょう美味しかったです。うまいです。これは酒飲みが作った、米と酒が分かるお酒です。

わたし、今度、仙台でお酒を買うときには森民酒造本家にします。

ビールをがぶ飲みしなかったのでハンドルキーパーをしてくれた妻の運転で無事に仙台市から東根市の自宅へ帰れました。

夜の48号線も道中、とても夜景が綺麗で癒やされました。

ぼーっと仙山線を眺めながら、広瀬川の上流で涼んでみたいものです。