土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

体外受精でTH1とTH2の免疫不妊、習慣流産の漢方について

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

雨降りと午後からなって天気予報通りの山形です。

梅雨明けが待ち遠いですが、今年はやっと梅雨入りした地域もあり予報が難しいですね。お陰様で、山形新聞への7月8日第二月曜日に掲載される記事、ほぼ完成しました。すごく今回も書くのに苦労しました。

20回、30回くらい文章を練りました。だんだんと自分の文章になって腑に落ちました。自分自身で納得いく食養生のコラムが書けました。

第二月曜日の山形新聞はぜひ「土屋幸太郎&幸の幸せ食養生」をご期待くださいね。最後になって文章の神様が降臨してくれました。ホッとしました。

今年の4月からラッキーなことに山形新聞の本丸、新聞の朝刊に著名人に混じってのコラム掲載となっています。人生かけてます。真剣に頑張っています。

 

さて本題です。今日は梅雨で雨降りで時間に余裕があったので久しぶりに東京のイスクラ産業本社に電話をかけて教えてもらいました。

婦人科に強い陳先生で、陳先生は不妊カウンセリング学会の重鎮にもなっていてラッキーでした。

 

土屋「先生、TH1とTH2のバランスのことについて教えてください。たとえば比率の数字が13以上と超えているときにはどのように考えますか?よくタクロリムスやバファリンと柴苓湯など使われますが」

陳志清先生「陰と陽のバランスの問題です。バランスが悪いことがあります。細胞免疫と体液免疫のバランスの問題です。西洋医学では治療法がわからない。たとえば、バファリンも全然ちがう方法です。」

「陰虚だったら、二至丹や杞菊地黄丸を使います。陰虚か陽虚か見極めますが、気虚だったら衛益顆粒、陽虚だったら参茸補血丸がいいです。補腎(ほじん)をメインにします。双料参茸丸はそうですね、二分の一丸×2回がいいです。陰虚火旺は二至丹をつかう。体外受精の移植前は亀鹿仙を使ってもいい。陰虚、陰陽両虚も使えます。

舌が赤い、不正出血などは熱ですから五涼華、白花蛇舌草を使います。」

土屋「先生、熱とは基礎体温表が高いとかニキビなども含まれますか?アトピーと痒いとか」

陳先生「はい、そうです。BBTが高くなくても、おりものが黄色いとか暑がりなども含まれます。小○○湯と五○散が合方した漢方は効かないです」

土屋「陳先生、胚盤胞になかなかいかない、採卵がうまくいかない、受精障害でうまくいかない場合はどう考えますか?」

陳先生「精子と卵子の問題です。どちらかというと卵子の問題のほうが多いでしょうか。採卵前にきちんと漢方、中医学で治療します。補腎活血が基本です。丹参製剤の漢方などいいですね。1日2包くらい。フリーラジカルや老化を抑える働きがあります。3~4ヶ月間は免疫改善で服用したほうがいいでしょう」

 

かなり参考になりました。ありがとうございました。

funin-kanpo.hatenablog.com

funin-kanpo.hatenablog.com

こちらの2つも関連するコラムです。ぜひご参考にしてくださいね。

 

f:id:jdy00247:20190627183308j:plain

2019年6月22日 先日、我が家に猫ちゃんがやって来た!

f:id:jdy00247:20190627183427j:plain

f:id:jdy00247:20190627183501j:plain

どこかのご家庭の黒猫ちゃんですが、可愛いです!