土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

卵管の詰まりで体外受精を勧められたけど自然妊娠でした!

こんにちは。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日も山形は粉雪が舞い散る冬の景色です。

美しさもあり、寒さも感じます。寒の入りです。

 

さて、2人めのお子様ご希望とのことで、平成30年9月4日にはじめての子宝相談だったお客様、昨日にご来店されてめでたく妊娠されていたそうです。

もともとのきっかけは、ママ友の知り合いが土屋薬局のお客様で、その方はPCOS多嚢胞性卵巣症候群といって排卵障害があってすごく1人目の妊娠のときに苦労されたのです。人工授精をすれば卵がいっぱい育ちすぎて多胎の恐れがあるから中止しましょう!と婦人科の先生に言われたり、結局、体外受精へステップアップしました。

漢方も上手に併用しながら妊娠出産されてその後は音沙汰もなく私も忘れかけていたのですが、その紹介で来店されたお客様により2人目は自然妊娠出産されたことを知ったのでした。素晴らしい話ですね。

そちらの紹介されたお客様には出産のお祝いをもっていっていただきました。

 

さてその最上地方から来店されたお客様には卵管造影検査で右卵管は通っていたが、左の卵管は詰まっていて閉塞、体外受精を勧められたとのことでした。

舌ベロは歯痕といって歯型があります。ニキビもできやすいです。

 

漢方ではイスクラ婦宝当帰膠と血府逐瘀顆粒の2つをご紹介、血府逐瘀顆粒は八つ目製薬のもので、名方の血府逐瘀湯を製剤化したものです。イスクラさんにも血府逐瘀丸がありますが、わたしはエキスのほうが婦宝当帰膠とともに一緒に溶けて味も好んでいるので、こちらを仕入れして、必要なかたに推奨しています。

子宮内膜症や子宮腺筋症、体外受精のときの活血化瘀として、また卵管が詰まっている、卵管閉塞のときには血府逐瘀顆粒をお勧めしています。

昨年は東根市内の近所のかたも病院では自然妊娠が難しいといわれたカップルがわずか数ヶ月で自然妊娠されて大喜びされた思い出があります。

卵管のトラブル傾向があるかたは、実際に土屋薬局に来店できる場合には、当店で相談すると素敵なことが起こる確率が高いかもしれませんよ。

 

さてそのお客様は生理中に下痢や軟便になりやすいことがあり、生理痛も辛く、血塊も混ざりやすい、腰痛や性欲低下、疲れやすい、風邪をひきやすい、イライラ、肥満傾向もありました。

ということで、婦宝当帰膠と血府逐瘀顆粒ばかりが卵管のつまり、閉塞のときの救世主というわけでありませんが、喜ばしい出来事の記録でした。

funin-kanpo.hatenablog.com

先週の子宮内膜症で2名のかたの自然妊娠がありましたら、こちらの場合には婦宝当帰膠と冠元顆粒でした。冠元顆粒も活血化瘀で卵管のとおりなどに期待できますが、この使い分けの妙味がありまして、やはり直接にご相談にきてもらいたいところです。

では、今日も最近続いている嬉しいお話のご紹介でした。

 

f:id:jdy00247:20190118115800j:plain

若木神社です。2019年1月16日

f:id:jdy00247:20190118115853j:plain

空にはぽっかり月が浮かび

f:id:jdy00247:20190118115941j:plain

今年は暖冬なのか手洗い場は氷らず

f:id:jdy00247:20190118120115j:plain

雰囲気いいですね。境内

f:id:jdy00247:20190118120204j:plain

おさいとうの後がまだ火が残っていました。