土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

疲れやすい、睡眠は足りているはずなのに眠くなる。

最近、漢方相談が新規の方が続いています。そのたびに東京にいる中医師の先生にお聞きして教わっています。ログしていきますね。

伝説の中医師のセツ先生から教わりました。今日は「疲れやすい、睡眠は足りているはずなのに眠くなる。」ことへの漢方対策です。

 

過去記事はこちらです。今日は違うお客様のご相談でした。

 

ご相談の内容は以下のようです。

「疲れやすい、睡眠は足りているはずなのに眠くなる。疲れが出てくると蕁麻疹がでる。」

子宮腺筋症で3年前に全摘手術を受けられたことは辛かったことでしょうね。
よく今まで頑張ってきましたね。

今回のメールの内容をわたし土屋と伝説の中医師のセツ先生とで先程、検討会しました内容です。

「症状には実証と虚証がありますね。両方あるようです。
気虚がありそうです。
胃が弱いから気虚から血虚となる。
まず補気する。
気が流れないと湿気がたまります。
気滞もあるかも→通じがよくないです。」

「まず◎◎人参茶がいいです。痛みにもよいです。
女性ホルモンのバランスを良くするし、心臓からの温かい動脈血の流れをよくして冷たい静脈血のバランスを調和してしかも血圧をあげないという調整剤ですから冷え性にもいいです。
あれた胃の粘膜を修復する効果もあります。出血対策にも良いです。

疲れにも睡眠にもよいです。」

「便秘があるとき、その日に通じが良くなかったら清営顆粒を1包服用しましょう、夜だけ1包。便がでた日は飲まなくていいです。でないときだけ夜に1包」

「朝は白湯(ぬるま湯)を飲んでからトイレに行ってください。
足湯もいいです。
5分間でいいです。
仕事から帰ってからと寝る前の1日2回、
バケツにポットのお湯を温度を調節して入れます。
2週間も経過すればきっと効果もでてくるはずです。
やる気がでて体質改善になります。
足湯は1日3~4回やってもよいです」

「睡眠時間です。夕飯を早めにします。
寝る時間の4時間前に食べましょう。寝ているときにお腹がいっぱいだとよく眠れません。
お腹にたべものが入っていると熟睡が足りなくなります。
消化していると頭が休まない。」

「心臓肝臓を寝る3時間前に服用する。
自律神経にもよい。補気剤の併用大丈夫
開気丸は胃にやさしい、通じがよければもっといろいろとかわれます」

「実証を掃除していきます」

「◎◎人参は虚証と実証の両方に効き目があります」

とのことでした。

来年もしっかりと漢方相談してお客様に喜ばれるようにしていきたいです。

f:id:jdy00247:20181227140259j:plain

クリスマスの飾り付けです。

2018年12月16日 先日河北町谷地のリトルハウスに妻を誘って久しぶりにでかけました。

f:id:jdy00247:20181227140415j:plain

リトルハウス全景

f:id:jdy00247:20181227140453j:plain

マロンファンタジーを食べました。これでミニサイズですからすごいです。