土屋薬局のブログ|親切第一。ご相談お寄せ下さい。

こんにちは!痛み、しびれに強い土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談、痛みしびれ、耳鳴りなどお気軽にご相談お寄せ下さい。子孫繁栄と健康長寿!

精血について。体外受精でいい採卵を目指すこと!

こんにちは!雨降りの山形県東根市です。今月は11月9日にして2回めの更新、今週は初めての更新です。

 

最近の子宝のお客さまの妊娠では、小国町のかた、また関東在住のかた(このお客さまは実際に初回の漢方相談は山形まで来店されました)、昨日は庄内地方でこちらも実際に初回、2回めと来店されたお客さまからの妊娠報告もあります。

 

 

 

 

当店の漢方相談の特徴は、五臓の腎(じん)を強化する漢方を得意としています。補腎薬といいますが、男性ならば精子の質や運動率、数のアップに。

また女性のかたではAMHやFSHなどの卵巣の機能の改善などに役立てるような漢方相談をしています。

 

最近、高円寺中医学研修塾というイスクラ産業さんで主催している1年間の中医学を学ぶ研修塾のOBとして会報に原稿を寄稿しましたが、後輩の先生がやはり「補腎の大切さを伝えていきたい」と締めくくっていたので、うちの我が子供が誕生して補腎の大切さを知ったという原稿とともに深く「補腎」「腎」について思ったのでした。

 

この場合、子宝漢方の場合にはFSHを下げる、いい卵をとる。空胞や未熟卵ではなくて成熟卵である。そして正常受精して分割する。などです。

 

高度の刺激、アンタゴニスト法やショート法、ロング法などのときには精血(せいけつ)を補う、つまり補腎(ほじん)をして「卵子」のもとを補填、強化していくことが大切です。

 

「精(せい)」とは命の火の薪木(まきぎ)のようなものになります。ここをしっかりと充填してかないと妊娠が難しくなっているときには、必要になりますのでなるべく店頭でも丁寧に説明していますので、補腎(ほじん)して卵巣、子宮をよくしましょう!というときにはしっかりと補っていきましょうね。

 

漢方の古典には「痩せて疲れている人は補気薬で温めて、精が不足している厚味のもので補う」とあります。厚味というものは血肉友情のもので、つまり動物薬がいいです。

 

たとえば卵をいっぱい採卵したい、空胞をさけたい、未熟卵をさけたい、うまく正常受精してもらいたいときには補腎、腎精と肝血を補うのです。これを精血(せいけつ)といいます。

薬局の店頭では鹿茸や紫荷車といった生薬類が重宝される所以です。

 

あとはこちらのコラムなども参考になりましたら、幸いです。

www.tutiya-kanpo.co.jp

www.tutiya-kanpo.co.jp