不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

細菌性腟炎とシェーグレン症候群(目、口、膣、肌の乾燥)について

細菌性腟炎とシェーグレン症候群(目、口、膣、肌の乾燥)のご相談を受けて、助け舟、中医師のセツ先生、伝説の中医師といわれる先生にお電話して、漢方相談のポイント、どうしたら改善が実感しやすくなるかお聞きしましたのでログします。


「改善しやすい症状をまず切り札にしましょう。
体調が良くなると自然治癒力が高まります。
まず文山県の名産の漢方薬とロシアの漢方薬がおすすめです。
文山県の名産の漢方薬は血行が良くなるので自然治癒力が高まります。
冷え性が良くなって体がポカポカしてきたり胃腸も丈夫になったり、頻尿の改善などにも有効です。」

 

「ロシアの漢方薬は痰湿といって、炎症になりやすい水の淀みを解消するものです。
慢性化にならないようにします。
健脾利湿で胃腸を丈夫にしてクスリの効果が高まります。
自然治癒力のアップに。」

「シェーグレン症候群には、八仙丸(麦味地黄丸)がいいです。
六味丸+麦門冬、五味子の組み合わせで腎を強化して気陰両虚、つまり体の乾きに有効です。」

「細菌性膣炎には白湯(ぬるま湯)健康法がいいです。
午前中に、多めに白湯(ぬるま湯)を飲みます。
洗い流します。
尿が透明、もしくは半透明になるようにしましょう。」

「便秘対策には、夜は夜に納豆を食べると良いです。
朝は味噌汁。味噌汁にこんにゃくを入れます。
腸を綺麗にします。」

「玄米食はとてもよいですね。
30回はよく噛んで食べましょう、セツ先生も玄米を食べていますが、よるにといて朝5時半にセットしているそうです。

水を一晩つけていると柔らかくなります。
昨日は昼間から玄米をセットできたので36時間水につけていました。
夏は冷蔵庫にいれて水につけているといいです」

このようなお話でした。

「本来、体の中にある菌ですから免疫力をたかめることが大切です」

 

f:id:jdy00247:20190201092944j:plain

2019年1月27日 

大日様からの夕暮れ時の東根市神町の眺めです。