土屋薬局ブログ|子宝と痛み

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。土屋薬局ではいろいろな漢方相談が出来ますので、このブログを読んでみて信用できたらご来店、遠方の方はお電話またはメールでご相談くださいね。山形県東根市神町の土屋薬局 0237-47-0033まで。SNSではツイッターアカウントあります。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎で@tutiyakです。人柄がわかりやすいです。

肩甲骨と背中の痛みが漢方薬で改善、和らぎました!

肩甲骨の痛みの漢方相談で良かった話です。70代の男性のお客様です。 

肩甲骨と背中の痛みが漢方薬で改善、和らぎました!

2018年2月23日来店日

①左の肩甲骨に痛みがあります。

肩甲骨の奥がツンツンします。

②背骨あたりまで痛くなり、肩も痛くなります。

③左の脇の下も痛くなります。

夜は眠れています。起床時には痛みはないそうですが、徐々に日中にかけて肩甲骨の痛みが増してくるそうです。

歩いているときには痛みは感じません。

整形外科でのレントゲンは頚椎が出っ張っているそうです。(頚椎症)

牽引をしていて肩甲骨と背中には電気をかけていま左腕にしびれ

カイロプラティックにも行っています。

 

内科クリニックからはツムラ六君子湯エキス、コタロー安中散、強力ポステリザン軟膏、シムビコートタービュヘイラー、ファモチジンOD

整形外科からは、ロブ錠、エペリゾン、スミルローション

 

舌ベロチェックでは、舌ベロの色は痰で苔は白膩苔です。

このような場合には湿が多いので痛みが起きていると考えます。

湿気は痰湿ともいいますが経絡の流れを阻滞してネバネバした邪気で痛み、しびれを引き起こします。

山形県内陸部では冬は寒く雪が降り、夏は湿度が高く蒸し暑く、また農業など屋外での作業に従事するかたが多いです。

去風散寒除湿といって湿気や寒さの影響を払い、同時に血流を改善する漢方処方を選びます。

血行改善も大切で「通じざればすなわち痛む」と言われます。

このときには漢方薬はイスクラ独歩顆粒と頂調顆粒の2つを一緒に服用してもらって、体の上下の湿気を追い払い、上半身、下半身の血行も改善、経絡の流れもすみずみまで良くすることをメインに考えました。

イメージでは、上半身は頂調顆粒、下半身は独歩顆粒。

独歩顆粒は痛みしびれの漢方で下半身のみならず背中や肩甲骨、肩、首などの疾患にも応用可能です。

頂調顆粒は独歩顆粒の牛膝(ごしつ)という下半身へ導く引経薬と対象的に羌活(きょうかつ)という上半身の経絡の流れを良くする生薬が配合されています。

 

つまり頂調顆粒(羌活)上半身+独歩顆粒(牛膝)下半身

このようなイメージで全身の経絡を疎通させることを目標にしました。

 

2018年3月30日

肩甲骨の痛みはとれました!

背中の痛みもとれました!

ところが腕のしびれが残っています。

腕のしびれは次回にしましょう。

ということで肩甲骨や背中の痛みが見事に解消できたお話でした!

 

独歩顆粒は独活寄生湯を商品化したものですが、その中でこの漢方処方は去風勝湿の代表方剤でもあります。つまり湿気を追い払い、体をサッパリすることにより痛みを解消します。雨降りや寒さに、とくに夏場、梅雨場に痛みが悪化するとき、しびれが辛いときにはぜひお試しになってみて下さい。

ほかに今回は頂調顆粒を足したように個人差、年齢、住んでいる地域性なども考慮しますので詳しくは痛み、しびれ、背中や肩甲骨の痛みの漢方相談は土屋薬局までお寄せくださいね。

 

さとう珈琲店

2018年7月15日 福島県郡山市のさとう珈琲店にいきました。昨年につづき2回めの訪店です。相変わらずの人気のお店でしたよ。

窓際の席

前回は昨年はカウンターの席で窓際に座りたかったので、今回は願いが叶いました。

 

アイスコーヒー

うーん、夏は定番のアイスコーヒーです。

グリルサンド定番のグリルサンドがとても美味しいです。

妻はここのマヨネーズがとても気に入っているようです。

パンケーキ

パンケーキも美味しかったです。