ブログ版土屋薬局 中国漢方通信

土屋薬局ブログ。薬剤師・不妊カウンセラーの土屋幸太郎がお届けします。私自身、不妊体験を経て、漢方療法の力で子供に恵まれました。その経験を活かし、皆さんに健康で幸せな家庭を築くお手伝いをしたいと思っています。薬局には女性薬剤師も在籍し、気軽にご相談いただけます。健康に関するお悩み、不妊治療、妊活相談、痛みやしびれに関する漢方相談など、お気軽にご連絡ください。お問い合わせやご予約は☎️ 0237470033までお願いします。一緒に幸せな未来を築きましょう。

7月18日(木)に山形市の生協コープ城西店さんで消費者講演会を行います。

7月18日(木)に山形市の生協コープ城西店さんで消費者講演会を行います。

夏の養生のお話などをさせていただく予定ですが、天下の生協さんです。ここはやはり未病や食養生など中医学でのお話も展開したいと考えています。

幸いにも明日土曜日の午後から東京に出張ですので行き帰りの山形新幹線の所要6時間で28日のリンクむらやまでの「夏養生でこころ元気に」の講演内容とともにテーマを検討していきたいです。新幹線の時間が貴重となっております。

さて過去に1回だけ生協さんで講演させて頂いた内容をブログに保存してありましたので、再度掲載させてください。講演会に参加したいかたは主催は生協さんなので直接に城西店さんへお問い合わせくださいね。どうぞよろしくお願い致します。

写真のほうは2012年当時のもの。この時は44歳でした。いまは55歳ですが頑張ります!

@tutiya.yakkyoku

 

2012年11月29日(木)は山形市の生協コープ城西(しろにし)店さんで薬膳・漢方の講演会でお話する場を1時間頂戴しました。

 


2012-11-30
山形市の生協コープ城西店さんで薬膳・漢方の講演会を行いました。

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日の11月29日(木)は山形市の生協コープ城西(しろにし)店さんで薬膳・漢方の講演会でお話する場を1時間頂戴しました。

久しぶりの消費者講演会で緊張したのですが、無事に楽しくお話しさせて頂くことができまして大役を果たした気持ちでいっぱいです。

コープさんによりますと、なかなか薬膳のことや漢方のことを話してくれる人材がいなくて探すのに苦労したとのことでした。

最初、10分前ぐらいに生協の2階会議室にお邪魔したときには会議をしていまして、その中に混ぜて頂きましていろいろと生協さんのお話をお聞きしました。

今度の選挙では日本の農業を守るためにも、TPPのことなどすごく重要になってくるそうです。

アメリカのほうの食材も日本よりも多くの日本では認められていない添加物などもたくさんあるので、その面でも私たちの家庭の食卓を守ることにも使命感があるそうです。

毎日の食事と政治や経済の動きって密接なのですね。

いろいろと勉強になりました。

 



さて私の話は、「1時間で分かる中医学に基づく薬膳」をテーマにしたのですが、どこまで目標が達成できたか少々疑問ですが、大変に場の雰囲気が和やかで笑い声が多くて、みなさまの貴重な人生における1時間を無駄にしなかたのでは?と思っております。

会場は約30名ほどの主婦のお客様で満員でした。

有難いことに、当店に山形市から来店して頂いているお母様やこのココログを読んでくださっている方も来場されました。(ブログで告知することも無駄ではありませんでした)

昨日の講演内容でまず大切なことは一つ。

「家庭を守る、料理を作るお母さんたちが家庭の医者であり、健康をまもる大事な役目を担っているのです」

ということでした。

「天人合一」「地産地消」などと言われていますが、生協さんでしっかりと美味しい野菜を購入して、健康を作ろうよ。という漢方の話よりも、薬膳の野菜などスーパーで買えるものに力点をおいた話が中心でした。

インドネシアから山形にきて住んでいる方も実際に生姜湯を作って会場でふるまわれましたが、とても美味しかったです。

(インドネシアのかたは、私の薬膳の話が面白かった!です。と言って頂けましたので、ほんとに良かったです。ターメリックも家庭では使っているそうです。次はカレーでしょうか?(^^))

というこでこれからも機会があれば外にでて自分の持っている知識を最大限に活かしていきたいと思った次第です。

<2012年11月29日 当日の生協さんの内容です>

 




講演が終わったあとに私も試食に混ぜてもらいました。生姜湯を飲んだら東根まで体がポカポカでした。

生姜は、独歩顆粒や葛根湯など体を温める漢方薬、痛みやしびれを和らげたり、風邪を治すときによく使われます。

私の師匠の上海出身に何先生も生姜湯を家庭で作っているそうです。高級な漢方でもなくて気軽に入手できるからいいですね。資料のプリントを配って、あとはときどきホワイトボードに書き込むという昔ながらの講演スタイルでした。パワポがなくても大丈夫でした。

こんにちは!薬剤師の土屋幸太郎と幸(さち)です。

星薬科大学出身で、東大附属病院薬剤部や中医学の高円寺塾での経験を経て、実家の土屋薬局で漢方相談に専念しています。

当薬局は創業85周年で、漢方を柱とした薬局として知られており、痛み・しびれ、子宝相談、耳鳴りなどを得意としています。

私自身、不妊で10年間悩んだ経験を持つ不妊カウンセラーでもあり、妊娠出産に関する1028件の嬉しい報告を受けています。

中国漢方は体質を改善し、自然治癒力を高める力があります。私たちは家族全体の健康をサポートし、漢方を通じてお悩みを解決します。

漢方相談は山形県東根市神町の土屋薬局でお気軽にご相談ください。

体の不調や婦人科系の問題、その他の症状に関するご相談も受け付けております。漢方電話相談室、漢方相談表、子宝相談表を通じてお問い合わせいただけます。