はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

若木山の山頂の桜

DSC00337

お客様のメールや電話のやり取りで、最近は桜の話題が多くなっています。

九州や中国地方では、桜が見頃を迎えるとのことで、日本中これから桜の開花で、気持ちの好い季節を迎えることを知ります。

さて、今日の昼休みは我が家から徒歩5~7分くらいで歩いていける若木山(おさなぎやま)に登ってきました。

ところどころに残雪はあるものの、もうすっかり景色は春。

これから芽吹く季節ですが、自然の目覚めを感じます。

DSC00336

道中に眺める葉山(はやま)連邦と月山。

右側の山脈は葉山連邦です。

左側には、今日はほとんど見えていませんが月山が鎮座しています。

昨日、知り合いの歯医者さんに通院するときに、13号線を村山方面に北上したのですが、秋田との県境の山並みが正面にはっきりと見え、左側には葉山連邦と月山が美しく眺められましたので、春の空気を実感したのでした。

DSC00339

若木山は、小さい山なので、10分以内で山頂に着きます。

山頂には、私がいつも会えるのを楽しみにしている桜がいます。

漢方コラム第60話「冬の若木山(桜皮)」にも登場する桜です。

おお、君は、りんとして大空に手を広げ、春を待っているのかい。

雪の重みにも、身をしだね、じっと耐えているのかい。

君のエネルギーは、今ここで清らかに養われ、来るべき春への希望、そして冬への身が引き締まる喜びに満ち溢れている。

DSC00340

桜はじっと蕾のままで、本格的な春の陽気を待っています。

大地の息吹、鼓動を感じます。

DSC00344

若木山とりんごの果樹です。

下山してからの帰り道の写真です。

畑の雑草の緑も心地よく、春風に吹かれると気持ちも踊る今日この頃です。

土屋薬局 中国漢方通信」でもコラムを記載しています。