土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

ユキノシタ

P6120023

2005年6月12日に撮影のユキノシタです。

ユキノシタは、過去に漢方コラムの「ユキノシタ(「ビッグ・ウェンズデー」の話)でも特集しています。

そのコラムでも書いていますが、私は星薬科大学の1年生のときに、生薬学で「採葉(さくよう)」といういわば「押し花」の課題がありました。

東京の都心ではなかなか「採葉」は難しいですので、北鎌倉まで電車で行くこととなりました。

先輩たちに連れられて、鎌倉を散策、観光しながら、「採葉」をすることはとても楽しかった思い出があります。

鶴岡八幡宮とか銭洗い弁天とか、良かったなあ。。

さて話は戻りますが、北鎌倉の駅に降りた私たちをぷーんと植物や木々の緑の芳香感が包み込んで、それはとても気持ちが良いものでした。

鎌倉は歴史のある街ですから、石垣なども多く、当然にユキノシタも持参したビニール袋に入れて、鎌倉散策を楽しんで帰路につきました。

ですから、今もユキノシタを見るたびに「採葉の季節」がやって来たことを知り、6月の新緑の気持ち良さを肌身に実感するのです。

P6120024

P6120025

桜やさくんぼやりんごの果樹の花とも違い、それはそれはひっそりと地味に咲いている姿がまたいじらしくて好きなんです。