土屋薬局|子宝漢方で不妊克服!

子宝漢方で体質改善、妊娠力を高めましょう!山形県東根市の土屋薬局のブログです。薬剤師、不妊カウンセラーの親切な相談。自然妊娠、人工授精、体外受精など妊娠したい子宝相談すべて承ります。漢方相談はお電話0237-47-0033店舗または下記の漢方相談表、子宝相談表をご利用ください。ご来店の場合にはお電話でのご予約が確実です。よい結果を一緒に目指しましょう!

男女の更年期と神経症と漢方療法

「男女の更年期と神経症と漢方療法」

7月24日(日)に宮城県松島海岸のホテル松島大観荘で

南東北中医薬研究会移動定例会が開かれました。

今回は、中医師の包海燕先生の講演第一部「男女の更年期と神経症」と

私の親しい友人、親友である静岡県沼津市の小島晃先生の

「中国漢方とアレルギー」の豪華2本立てでありました。

さて、今回は第一部の「男女の更年期と神経症」で私が勉強したことがテーマです。

「男女の更年期と神経症

中医師 包海燕先生

中医師 包海燕先生

西洋医学的にみた更年期の定義

日本人女性の、平均的な閉経年齢は50歳くらいで、

一般に「更年期」とは閉経をはさんだ前後の10年間の、

45~55歳くらいの間を指します。

月経周期の復習

視床下部 GnRH(性腺刺激放出ホルモン)→

脳下垂体 FSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体刺激ホルモン)→

卵巣 エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)→

子宮内膜

各種ホルモンは、フィードバックしていく。

1:卵胞期(らんほうき)

月経期間中にエストロゲン分泌が低下しますと

視床下部がこれを感知して、GnRHを分泌し、

下垂体に働きかけFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌を促します。

FSHが分泌されると卵巣では卵胞が大きくなり、エストロゲンが分泌されます。

このエストロゲンの作用によって子宮内膜は増殖します。

2:排卵

エストロゲン分泌が排卵直前にピークに達すると、

今度は下垂体からLH(黄体化ホルモン)が大量に放出されます。

LHの作用により卵巣では成熟卵が排卵を起こします。

3:黄体期

排卵後の卵胞(らんほう)は黄体となってプロゲステロンを分泌します。

プロゲステロンエストロゲンとともに子宮内膜をさらに肥厚させ、

柔かくして、受精卵の着床準備を整えます。

4:月経期

受精卵が着床しないと黄体からのホルモン分泌は低下します。

すると子宮内膜は脱落し、月経血として排出されます。

ちょっと一休み。

この日の勉強会の前日は、

私は蔵王に宿泊していました。

その西蔵王高原ラインを降りて

高速で松島を目指すまでに見た風景の紹介です。

撮影場所は、山形県蔵王です。

ハス池です

ハス池です。

ハスの花

ハスの花は大好きなんでね。

なんと華麗なんでしょうか?

漢方コラム泥中の蓮花(ハス)」もお楽しみください)

……

一休みが終わりまして、私のノートより。

エストロゲンは、女性の20代に多く分泌される。

エストロゲンは、肌の艶や弾力、髪の艶、

女性の丸みを帯びた曲線などに関係する。

つまりエストロゲンが分泌は、

若さと美しさの象徴である。

自律神経にも関係している。

低温期は、女性の一番といいとき。

感情が落ち着いている。

高温期は、イライラしたり、子供や主人に

つまらないことであたる。

(注釈:「月経前症候群(PMS)について」も参考にしてください)

エストロゲンプロゲステロンのアンバランスや量が足りないと

更年期になる。

更年期は、エストロゲンと関係している。

女性の一生は、「小児期、思春期、成熟期、更年期」

10代、20代は美しい。

35歳から老化が始まる。

更年期から、閉経まででは、

FSH↑

LH↑

エストロゲン

更年期は、エストロゲンが低く、FSH,LHが高い。

更年期の症状

のぼせ、ほてり、汗、めまい、耳鳴り、しびれ、かゆみ、食欲不振、便秘、吐き気、腹が張る、性交痛、EDなど。(注釈:私が聞いてノートに書き写したものですから、けっこう聞き損じております)

これらの症状は、エストロゲンの低下による。

蔵王のひまわり

蔵王のひまわりです。

夏って感じがしていいですね。

2001年に撮影した「この道の向こうに(すすき特集)」も、

ここと同じ西蔵スカイラインです。

このときの西蔵王の風景も評判が良かったです。

次回は、中医学的な解説でこのシリーズを終わります。

ご精読ありがとうございました。