土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。不妊、不育でお悩みのかたぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。一緒に頑張りましょう!

鷺草とか、ハエとかトンボとか。

午後の休憩時間に*ist Dsでまた撮影を試みました。

「パッシャ!」というシャッター音が素晴らしく、

通りかかった妹にも「お兄ちゃん、カメラマンみたい」と誉められました。

ああ、いい気分です。

では、早くも残暑厳しいものの9月に入った本日の模様です。

IMGP0075

IMGP0078

昨日は鷺草をおもてに出して撮影しましたが、

今日は店内で先ほど5時ごろに撮影です。

処方箋を持ってくる患者さんたちなど、

余裕がないせいか目にも止まらないようですが、

このように素晴らしい世界が身近にもあります。

「鷺草(サギソウ)の編隊飛行」は、まるで空を飛ぶかのよう。

IMGP0080

店内から外に出ると、綿花の鉢植えが目に入ります。

昨年よりもだいぶ増えました。

IMGP0081

一体、この蕾の中であの可憐な花がどのようにして、

「綿」に変身をつげるのでしょうか?

自然とは不思議です。

IMGP0082

「ハエと薄荷」

マクロレンズでじっと眺めていると、

ハエまでが愛おしく思えてきます。

命って大事なんですね。

IMGP0090

とんぼ。

なかなか焦点が合わずに苦労します。

まだまだ修行が足りないようです。

しかし、カメラを片手に身の回りの小さいものたちを写していると、

自分が「詩人」になったような気もします。

9月にしては、真夏の太陽が降り注いだ山形の今日一日の紹介でした。