土屋薬局公式ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎がログしていきます。健康に役立つ季節の食養生、薬膳、ツボ、心の持ち方など。漢方、中医学。妻との会話も好き。電話相談0237-47-0033。寒河江市、河北町谷地、長井市、村山市、新庄市、尾花沢市、天童市、山形市、上山市などの方はどうぞご来店くださいね!

不妊42歳で諦めていた妊娠が漢方で現実に!日々幸せです

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日も嬉しいお話の紹介です。

不妊症の子宝の漢方相談です。

Hさんの話です。

ココログ掲載にあたりましては、快諾を頂きまして、どうもありがとうございました。

「匿名ならば、使ってください。子どもがほくて悩んでいるひとは、いま沢山いますよね。

私が、皆の励ましになれたら嬉しいです。

この先は、健康な子が生まれることが最大の望みです。 」

と暖かいコメントも頂いております。

「ご無沙汰しております。

実は・・・・・・

私、9月中旬に回転性のめまいで、入院しました。

10月に42歳になるのでそれまでに子宝に恵まれなかったら、あきらめようと思っていた私は、もうこれで・・・あきれめざるをえないと思いました。

ところが、これが妊娠の兆候だったのか、数日後、妊娠反応があったんです。

今は、安定期に入りお蔭様で順調です。

たいへんお世話になりました。

つわりから、婦宝当帰膠も飲めずにいたので今は何も服用していませんが、出産後折を見て健康と美容のために婦宝当帰膠を改めて飲もうと思っています。

授乳中は如何なものでしょうか?

身近に年齢が近く妊娠希望者がいるものですから、一緒に喜んでいてくれて、幸せを日々感じてすごしています。

ご指導ありがとうございました。」

と嬉しいコメントを頂きました。

昨年の平成17年の5月からの漢方相談で、嬉しい結果となりまして、スタッフ一同とても喜んでいるところです。

Hさんの当初のご相談は、その前年の4月に流産して、夏から周期が短くなったということでした。

ご自身で婦宝当帰膠を購入して服用していて、周期は「28日」と長くなったのですが、なかなか授からないということで土屋薬局に不妊症、子宝の相談を頂くこととなりました。

その他の症状としましては、

○経血量が少ない

○寒がり、冷え性

○ガスが溜まり、腹痛になることがある。

などもありました。

その他には、「麦芽を炒ったもの」と「参茸補血丸」を服用して頂きました。

麦芽を炒ったもの」は、流産後の体調を整えたり、胃腸の消化を助けたり、ストレスを緩和する「疏肝(そかん)」作用もある便利なものです。

基礎体温全般も、きれいになりやすいです。

「参茸補血丸」は、寒がり、冷え性対策に婦宝当帰膠とともに有効ですし、「補腎(ほじん)」作用がありますので、なかなか授かりにくいときには有効です。

「参茸補血丸」は素晴らしいですね。

(「真下慶治美術館と嬉しい話」も参考になれば幸いです)

さて、今回のHさんへ土屋薬局からお贈りします写真は、「冬の最上川」です。

「冬の晴れた最上川

冬の晴れた最上川

大石田の川前地区の最上川です。

今年の元旦の撮影です。

近くには「川前観音」もあり、信仰の厚い地域です。

誰も観光客は訪れないと思いますが、私はすごく好きな場所です。

夏も眺めが素晴らしいですよ。

冬の晴れた最上川

まるで絵画のような、まるで鏡のような眺めです。

冬の晴れた最上川

最上川の流れは雄大です。

この川の流れのように、立派なお子様が育ちますことを願っております。

Hさん、どうぞ元気で毎日をお過ごしして下さい。

この度は、おめでとうございました。