はてな版土屋薬局 中国漢方通信

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医専門員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

月山と葉山と福寿草

IMGP0022

今年もまた我が家の庭に福寿草が咲きましたので、

紹介させてください。

上記の画像は、3月22日の撮影です。

朝にいつもどおりに庭の横を歩いて出勤するときに、

福寿草が咲いているのを見て、とても嬉しくなりました。

春の到来です。

(昨年の福寿草の模様は「福寿草」をご覧下さい)

フキノトウとともに、早春を飾るもので

黄金色が目に眩しいです。

さて、その日の昼休みは、

若木山(おさなぎやま)に登って、月山を撮影してきました。

IMGP0067

ちょっと分かりにくいですが、月山のふもとには

山形空港の滑走路が見えます。

目の前には、ドーンと月山。

相変わらず美しく、冠雪がきれいです。

IMGP0063

さて、今日24日の福寿草の模様と月山の右側にそびえる名峰…

葉山(はやま)の近況を紹介しましょう。

DSCF0941

昨日は、寒くて福寿草も蕾を閉じたままでしたが、

今日の春の陽射しに再び可憐な花を咲かせます。

向日性で、太陽光の「温度」で花を開きますので、

福寿草は頭が良いのです。

利口だと思いますし、福寿草が蕾を閉じていると

もちろん天気も悪くて寒い一日ですので、

こちらまで寂しくなってきます。

DSCF0933

はい、こちらは最上川の谷地橋から眺める葉山です。

大陸から渡ってくる西風が強く、月山は雲に隠れたままでした。

樹木は西風に揺れ、福寿草も可憐な花を西風に震わせている、

そんな春の一日でした。

雪が溶けて、年度末の道路の白線塗りなどの景色が

目にまぶしい今日この頃です。