土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

子宮腺筋症の漢方改善のチェックポイント

塔のへつり

<2006年4月8日 福島県会津若松 湯野上温泉日光街道近く 「塔のへつり」>

おはようございます。

土屋です。

子宮腺筋症の漢方相談もお受けすることが多いですので、今日はそのことについて述べたいと思います。

子宮腺筋症の場合には、子宮内膜症が子宮に「飛び火」したもので、子宮がだんだんと腫れていき、ひどい場合には切除も検討します。

また自覚症状としましては、やはり「痛み」「疼痛」などもありますし、経血量が多い、血塊が多いなどの自覚症状が特徴的です。

当店のお客様は、40代くらいのかたが多いのですが、30代のかたもいらっしゃいます。

今のところ、お客様のみなさまは経過が良いことが多く私も嬉しく思っているところです。

たとえば、子宮腺筋症で出血量が多いためにHb(ヘモグロビン)が7~8まで下がってしまうかたが、Hb(ヘモグロビン)の値が改善して、貧血が良くなっていること。

また、ホルモン療法やダナゾールIUD療法、桂枝茯苓丸などの漢方でも効果が無くて、腫瘍が小さくならないことで、できれば手術はしたくない、女性として子宮をとりたくないという切実な相談もございます。

大学病院も数件行ったという方もいます。

改善の目安としましては、

<子宮腺筋症の漢方薬の効き目のチェックポイント>

○痛みの軽減(生理痛の軽減やふだんの疼痛の軽減)

○黒っぽい血液が、きれいな色になる。

○レバー状の塊が減る。

○出血量が以前よりも少なくなる。

○貧血が改善する(つまり出血量が減るから)

○鎮痛剤でも効き目が出るようになる(つまり、鎮痛剤が効かないほどの痛みが減ること)

○少なくとも、悪化しないで、現状維持できるだけも嬉しい。

○生理が順調になる。

などあります。

土屋薬局では子宮腺筋症の漢方相談は、養血調経(ようけつちょうけい)と活血化淤(かっけつかお)など、お客様一人一人の体質に合わせて相談させて頂いております。

では、最後に冒頭の写真の「塔のへつり」シリーズです。

塔のへつり

「へつり」とは、川岸が切り立った崖となっている所の事を言います。

また、釣り人などがこのような場所の少ない足場を頼りに川沿いなどを進む事も「へつりをする」と呼ぶこともあるそうです。

赤い橋

この「塔のへつり」の撮影ポイントから左(北方向)を見ますと、「赤い橋」が見えます。

実に印象的で、背景の山の残雪も美しいです。

湯小屋旅館

近くには、つげ義春ファンが泣いて喜ぶ「湯小屋旅館」さんがあります。

近々、訪れようと思う今日この頃です。

そこは「天に栄える村」の「天栄村」です。

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。

毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!

ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  

サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬こちらのスレッドも参考になりましたら、幸いです。