不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

習慣流産について…不育症の検査項目。不妊カウンセラー養成講座より

こんにちわ、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

だいぶ時間が経過してきましたが、先月の「第18回不妊カウンセラー養成講座」より、「習慣流産について」の私のメモをまとめます。

私は山形なので、まったく名古屋のことは分かりませんが、名古屋市立大学の杉浦先生の教室は、習慣流産の研究でとても有名のようです。

女医さんでとても親身になって診察をしていることが、

講演の内容から伺えました。

では、漢方薬剤師、不妊カウンセラーの私のメモです。

<不育症患者の検査項目>

夫婦の染色体:G分染法

子宮形態検査:子宮卵管造影、超音波検査

免疫学的検査:抗核抗体、B2glycoproteinI依存性抗カルジオリピン抗体、ループスアンチコアグラント、抗CL IgG、IgM、抗PE IgG、IgM、抗PS IgG,IgM

凝固学的検査:aPTT,PT,Fibrinogen, XⅡ因子

内分泌学的検査:プロゲステロン、プロラクチン、血糖値、TSH,FT4、LH,FSH

<不育症の原因>

自己免疫異常:抗リン脂質抗体、抗核抗体

染色体異常:夫婦染色体均衡型転座、胎児染色体異常

子宮奇形:双角子宮、中隔子宮

内分泌異常:黄体機能不全、糖尿病、甲状腺機能異常

原因不明 50~60%

抗リン脂質抗体症候群診断基準

動静脈血栓症

妊娠合併症

妊娠10週未満の連続した習慣流産

妊娠10週以降の原因不明子宮内胎児死亡

妊娠34週以下の妊娠高血圧症

検査所見

○β2glycoproteinI依存性抗カルジオリピン抗体

○Lupus antikoagulant

この2つはエビデンスがある。

抗凝固法は有効。

低用量アスピリン 40-80mg/day

ヘパリン 

プレドニゾロン 10-40mg/day

抗リン脂質抗体の真の対応抗原

β2glycoproteinI →エビデンスが高い

Prothrombin

kininogen

Annexin V

Protein C

Protein S

Factor XⅡ

ほかにも染色体異常頻度や着床前診断のことなど、最新のエビデンスについて学びました。

私が印象的だったのは、杉浦先生の「何回流産してもいいから、あきらめずに、落ち込まずに前向きにがんばっていきましょう!」という励ましの言葉の紹介を冒頭で言われたことです。

自然妊娠でも体外受精でも、がんばっていれば約7割は健児を獲得できるとのことで、「医学とはデーターに基づいているので、凄いんだな」と薬剤師的に思った次第です。

最後に、Emotional Impact(エモーショナル・インパクト)」の話があり、実際に流産した回数ごとの「悲嘆の数字」のデーターを見ました。

抑うつ状態になっていると、次回の流産率が高いとのお話に、「気持ちの問題」も大切だということを理解しました。

「めげない、あきらめない、落ち込まない、必要以上に自分を責めない」ことで、さあ前向きに行きましょう!

ダムダム温泉

群馬県長野原町 ダムに数年後に沈みます。 2006年6月10日撮影」