土屋薬局のはてなブログ

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

紫陽花の日中線記念館

紫陽花が咲く日中線記念館が好きです。

紫陽花が咲く頃を待って、

7月6日(2006年)に撮影できました。

今年の思い出に、数枚紹介させてください。

Imgp0046

Imgp0050

梅雨時の緑が目にまぶしいです。

ここは喜多方。

熱塩日中線記念館です。

会津や只見川沿い、新潟へ抜けるときも

121号線の「大峠」を抜けると、

ついつい立ち寄ってしまいます。

誰も立ち寄らない、密かで静かな雰囲気が好きです。

Imgp0061

この撮影の後に、大雨が降ってきました。

梅雨時の雨雲が実に印象的な空です。

Imgp0052_1

桜はすっかりと花を脱ぎ捨てて、

深い緑を彩っています。

Imgp0077_2

Imgp0103

紫陽花の彩られたラッセル車キ100とオハフ61。

やっぱりいいです。

最近、日中線記念館の写真を見たり、

訪れたりしているとシューベルト交響曲第9番「グレート」が

頭の中で鳴り響きます。

日中線記念館にはシューベルトが似合うという、

情緒的なイメージが心の中にあるのかもしれません。