心と体の相談処 土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

何先生から教わったこと…子宮筋腫の漢方相談など

先日、9日(土)に東京から何(ふ~)先生に来て頂きまして、漢方相談会と私たちの勉強会を開きました。 

勉強会のメモをココログで公開整頓させてください。  

 

何先生から教わったこと…子宮筋腫の漢方相談など

何先生 上海で研修してきた。 

今回の収穫 

1)不妊症には、三稜(さんりょう)、莪朮(がじゅつ)をけっこう使っていた。 

2)子宮筋腫→清熱解毒剤の白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)をよく使う。 

炎症があるので、活血(かっけつ)と同時に清熱解毒(せいねつげどく)。 

3)ガン 

薬局には、患者さんがいっぱいた。 

特徴は清熱解毒剤を使っていたこと。(多用していたこと) 

すべての処方に、霊芝顆粒(れいしかりゅう)。 

黄耆(おうぎ)、麦門冬(ばくもんどう)、党参(とうじん)などの気を補うものをプラス。

たとえば、日本の製品でいえば衛益顆粒(えいえきかりゅう)や麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)。 

白花蛇舌草もよく使う。 

4)専門が強い薬局が人気がある。 

中国でも専門が無いと生き残れなくなった。 

 

たとえば、 

1)婦人科 

2)男性科 

3)ガン 

4)皮膚科 

これらは、中医学が強い分野。 

 

中国で、西洋医でホルモン療法 

↓ 

副作用や治療がうまくいかないので 

↓ 

漢方に来る。 

日本と同じ複雑な症状。 

ほとんどの人が何らかの炎症がある。 

処方に清熱解毒剤を組む必要がある。 

↓ 

白花蛇舌草など。 

炎症を念頭においてから、処方を組んでいく。 

中国のほうが、日本より婦人科の検査では、菌の検査が詳しいかもしれない。 

腫れることは、炎症である。 

1)菌がいるとき 2)腫れているとき 3)熱があるとき 

↓ 

チャガ(シベリアの天然霊芝)と白花蛇舌草など。 

…  

 

おまけ  

題名 「夏の思い出 月山湖の噴水とソフトクリーム、玉こんにゃく」 

とき 2006年9月3日 

場所 月山湖  

Imgp0078

月山湖です。西川町にあります。わたしが20代の頃には夏にここまでドライブしてソフトクリームを食べることが定番でした。デートにもいいですよね。

 

Imgp0076

月山湖の冷たい湧水でラムネが冷えています。

昔懐かしいラムネ100円です。

Imgp0086

どうです、国道112号の貫禄。今は高速道路で行く方が多いようですが、下道も楽しいです。国道走っている方が優越感と満足感があるのは私だけでしょうか?

価値観が近い方は、国道派ですよね。

 

Imgp0088_1

ああ、永遠の夏を思い出す風景です。晩夏です。

Imgp0105

おっ、月山湖の有名な噴水が始まりました!

 Imgp0132

山形県民のかたがこの写真を見れば、

きっと「青春の思い出」「夏の思い出」など

走馬灯のように脳裏をよぎるのではないでしょうか。 

私も10数年ぶり?くらいに訪れましたが、

懐かしかったです。 

「月山湖の大噴水」は永遠に不滅です!