土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

女性不妊症的中医治療(4)…子宮内膜症と子宮腺筋症は破淤散結(はおさんけつ)で対処していく

今回は、子宮内膜症と子宮腺筋症の中医婦人科における漢方対策です。

湖北中医学医院で、り先生からの講演です。

続編第四弾です。

子宮内膜症のスライド

中国武漢 湖北中医医院  子宮内膜症のスライド

1)子宮内膜症

不妊の女性の約25%は子宮内膜症がある。

香港でも中国でも最近、子宮内膜症になる人が多い。

10代でも内膜症になる人が増えている。

激しい生理痛は、子宮内膜症を考えていく。

卵巣が一番に大きい影響→チョコレート嚢腫

夫婦生活に激しい痛み。(性交痛)

2)子宮腺筋症

a)子宮内膜症→痛みが強い。

b)子宮筋腫

手術をしても再発率が高い。

淤血内阻(おけつないそ)→活血化淤(かっけつかお)中医学の漢方的な効果は良い。

気滞血淤(きたいけつお)、気虚血淤(ききょけつお)、腎虚血淤(じんきょけつお)、寒凝血淤(かんぎょうけつお)など。

破淤散結(はおさんけつ)で対処していく。

周期の初めから、最後まで活血化淤

使う漢方薬は、サソリ、ムカデなど。

日本では、莪朮(がじゅつ)や三稜(さんりょう)が良い。

(当店では、爽月宝や水快宝などが、莪朮、三稜が配合されています)

強い活血化淤(かっけつかお)が望ましい。

子宮内膜症の漢方のスライド

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。

毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!

ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  

サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症|不妊治療と漢方薬

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。