土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

周期療法における活血化淤の応用(4)

周期療法における活血化淤の応用」の第四弾です。

 

 

本日アップした「チョコレート嚢腫と嬉しい話」を書いていて、

「あ、ここの内容も補充していかなれけば」と思い、「活血化淤第四弾」を作成していきます。

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

淤血(おけつ)が関わる婦人科の病気

 

 

1.月経痛、月経血塊

 

2.子宮内膜症

 

3.子宮腺筋症

 

4.子宮筋腫

 

5.排卵障害

 

6.卵管癒着

 

7.卵巣嚢腫

 

8.月経前後頭痛

 

9.排卵痛、慢性疼痛

 

10.多嚢胞性卵巣・無排卵月経

 

11.黄体萎縮不全、黄体化未破裂卵胞

 

12.排卵誘発剤による卵巣の腫れなど

 

13.ホットフラッシュ(冷えのぼせ)

 

14.習慣性流産(抗リン脂質抗体)

 

 

 

私のメモ書きの追加。

 

 

「黄体萎縮不全」は、高温期が長い。

 

 

「排卵誘発剤による卵巣の腫れなど」→

 

 

1)淤血(おけつ)をとると、卵巣の腫れが良くなる。

 

2)活血剤は、排卵誘発剤の副作用防止に良い。

 

 

「子宮内膜症、子宮腺筋症など」

 

 

A: 淤血(おけつ)が溜まっていると→子宮内膜が厚くならない。

 

B: 生理がスッキリと出ない→卵胞が育っていかない。

 

 

Imgp0071061116

 

<平成18年11月16日 最上川の紅葉>