土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

古今東西美容絵巻…小野小町、楊貴妃、クレオパトラの美容の秘密

女性のための漢方レッスン」がライターのかたの目に留まりまして、今回久しぶりに私の文章がマスコミに載りました。

(「楊貴妃の秘密の美容法…阿膠(あきょう)」もご覧になって頂ければ幸いです)

Dscf1287seven

取材を受けましたので、丁寧に12月14日号が送られてきました。

女性セブンさん、ありがとうございます。

29ページ「古今東西美容絵巻」より。

「ビューティータイムトリップ」

小野小町楊貴妃クレオパトラ…美女たちが愛した若さと美肌をキープする「丸秘」成分とは?

というようなタイトルでして、

クレオパトラ→牛乳風呂にはちみつとゴマ油でお肌ツルツル。

小野小町→熊の手などのコンドロイチンやコラーゲンの多い食品と果物。

そして、私の担当は楊貴妃(ようきひ)です。

まさに中医学を勉強し実践している私にとりましては、光栄です。

楊貴妃にいたっては『ロバのニカワ、つまりコンドロイチンやゼラチン=コラーゲンを食べていたという記録があり、現代でも阿膠(あきょう)という漢方薬として利用されています」(「中国漢方土屋薬局」薬剤師・土屋幸太郎さん)。

コンドロイチンやコラーゲンは肌のハリや弾力をつくる美肌成分。

自然の食べ物から美肌成分を補うことが、古からの美女たちの「丸秘技」だったのかも。

Dscf1286seven

伝説の美女たちの美貌には、肌のハリに欠かせない良質のたんぱく質やコンドロイチンなどの食材を食べていたと推測できるでしょう。

というコラムでした。

武漢へ」行っていたときも、中国では「阿膠(あきょう)」が人気がありました。

「阿膠入りのお菓子」とか、食材でもたくさんあって、目に付きました。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は、阿膠(あきょう)と女性の聖なる生薬「当帰(とうき)」が配合された、日本で唯一のものですから、美容にも効き目があるのですね。

婦宝当帰膠の本社の中連製薬の女社長さんや男性社員のかたも、みなさま「お肌がツルツル、プルプル」で美男美女勢ぞろいでした。

秘訣を聞いてみましたら、「私たちは、婦宝当帰膠を毎日飲んでいます」とのことでしたから、「なるほど」と思った次第です。