土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

女性不妊症的中医治療の質疑応答

「女性不妊症的中医治療」シリーズの最終回です。

今回はり先生の講演後の質疑応答です。

○子宮内膜を厚くする方法は?

補腎(ほじん)、養血(ようけつ)、活血(かっけつ)

丹参(たんじん)、益母草(やくもそう)などは子宮内膜の血行を良くする。

養生法も大切で、生理が来たら、冷たいものは避けること。

○ダイエットをやり過ぎないこと。

→生理が来なくなる。

○子宮内膜を厚くするには、紫河車(しかしゃ)もとても良い。

(当店ではオリヂンPとして販売しています)

○菟絲子(としし)は穏やかで、補腎作用があり、お肌も艶々になって美容にも良い。

○黄体機能不全

→妊娠しにくい、流産しやすい。

枸杞子(くこし)も良いし、紫河車(しかしゃ)も使いやすい。

附子(ぶし)製剤は、体が熱くなるので使わないほうがいい。

PCOSには?

山磁姑(さんじこ)、夏枯草(かごそう)、ソウカクシ、青貝母(せいばいも)、

ヨクイニンなど。

実際は、ダイエットをしてからPCOSが治った人が多い。

○針灸の併用も素晴らしい。

○習慣性流産は体調を整えたほうが結果が良い。

ちょっと休憩 「バスの車窓から」

「街角はダンス」

Dscf0351konan

Dscf0352konan

Dscf0353konan

Dscf0354konan

早朝6時半。

太極拳は古いかもしれません。

街角では「シャル・ウイ・ダンス?」です。