土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

嬉しい話とお礼です。

当社、土屋薬局もお陰様でスタッフ一同

元気で一年を終えることができました。

これもホームページを読んでくださる皆様や当店に来店されるお客様、

遠方にも関わらず当店をご利用してくださるお客様たちの

お陰だと感謝しております。

私自身としましては、来年は3月に不妊カウンセリング学会の

認定試験がありますので、少しずつ勉強を積んでいるのですが、

ぜひとも資格を取りたいと切望しているところです。

薬剤師でありながら、きちんと西洋医学の婦人科の不妊分野の

臨床を勉強していくことは、自分自身の知識のためにも、

当店のお客様のためにも、大いに役立つと信じてがんばっていきたいと思います。

(今年の私の仕事のポートフォリオの一つです)

中医学の漢方相談におきましては、

一人一人のお客様との出会いを大事にして、

喜ばれるようなお店にしたいです。

昨日は、20代の若い女性のお客様が来ました。

東京から主人の仕事の関係で、

東根(ひがしね)へ転勤されたかたです。

9月から相談していました。

過敏性腸症候群で、生理不順で

90日間生理が来ないこともありますし、

不正出血が続くことがあります。

胃腸を丈夫にするために、

養生法などを店頭できちんと説明しまして、

漢方では婦宝当帰膠と星火健胃錠、

開気丸などを軽めに服用して頂きました。

昨日の12月28日に来店されまして、「10週目になり授かりました」とことで、

私はいつも「胃腸の相談」をしていたつもりですから、

ビックリしてしまいました。

たしかに、最初来店される前にメールで相談を頂いたときには、

「ここ数ヶ月間ホルモンバランスが安定しないようで、

高温期に体温が維持できずに、不正出血が長く続き、

きちんとした生理がありません。婦人科では内臓には異常ありませんでした」

とありましたので、実は「婦人科」の相談も兼ねていたのですね。

婦人科の話はすっかり忘れて、いつもお店では、

雑談や食べ物の話ばかりしていました。

(さすが私です。^_^;)

年末年始は、実家へ帰るそうですが、

とても良いお正月になっていると思うと、

嬉しく思います。

昨日のお客様の、微笑んだ美人な顔が忘れられません。

ということで、来年も一人ずつお客様たちに、

喜んで頂けるような仕事をしていきたいです。

漢方相談は、「人生相談」であり、

わたしにとっても「思い出」の積み重ねになっていくのかもしれません。

国際中医師・薬剤師・不妊カウンセリング学会会員 土屋幸太郎