土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

学校保健委員会

学校保健委員会

携帯からのアップです。

本日は学校保健委員会に出席してきました。

毎回、為になるお話を聞いてくるのですが、今回は学校給食を食べた後に、

ふだんの家庭での食生活の話でした。

要約しますと

○和食が見直されている。

○1977年マクガバンレポート(アメリカ)では、牛乳や

牛肉は体に悪いという報告をしている。

○アメリカでは、ハンバーグの油の見直しがあるので、

ハンバーガーショップは大変なようだ。

○アメリカでは、寿司が人気があるが、寿司にマヨネーズをかけて食べたりするので日本から「寿司認定」のお墨付きなど、与えていくようだ。

○囚人のグループを二班に分け、一つのグループは「砂糖入りり」。

片方は「砂糖抜き」だった。

「砂糖抜き」のグループは暴力が減った。

生徒さんが好きな、お菓子やジュースなども「砂糖」です。

○寝る3時間前は、固形物はお腹に入れないほうが良い。一説には、5時間前という説もあるが、それは勉強して部活している生徒さんには難しいでしょう。

○朝ごはんや夕飯の時間帯を守り、生体リズムを作っていく。大人の都合ではなくて、子供たちに時間を合わせる。

以上、学校医の先生方の話でした。私も勉強になりました。

(「落ち着きがないお子様の漢方相談とジェイミー・オリヴァーの給食革命」の話」も参考にして下さい)