土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

雨の福寿草と朱鷺草

Imgp0590070228

<2007年2月28日撮影 福寿草

ここ数日は晴天の日が続いていましたが、

三寒四温(さんかんしおん)の言葉どおりに、

今日は朝からしっとりと雨が降っています。

例年でしたら、まだ雪が降る地方ですが、

暖冬の影響を受けて「春雨(はるさめ)」となっています。

けっこう雨が好きで、雨が降っているだけで

気持ちが和らいだロマンチックな感じを受けます。

雨の日には、青山街道や明治通りあたりに、

良い喫茶店があれば一日、読書などして過ごしてみたいと

いつも頭の中は空想の世界へ飛んでしまいます。

その喫茶店には、「寄せ書き帳」みたいなものがあって、

恋の悩みなどが書いてあったりして、

自分も様々な人の思いに触れる。

そんなお店が昔、原宿にあったことを思い出します。

何年かして再訪したら、その気にいったコーヒーカップも好きだったお店は、

あたかもなく無くなっていた。

だから、心の中にはいつも「雨の日の喫茶店」があるのです。

Imgp0592070228

さあ、外は雨で福寿草が固く実を閉じていますが、

お店の中ではまだ朱鷺草(ときそう)ががんばって咲いています。

Imgp0594070228

Imgp0600070228