土屋薬局のブログ|親切第一。ご相談お寄せ下さい。

こんにちは!痛み、しびれに強い土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。妊活で不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談、痛みしびれ、耳鳴りなどお気軽にご相談お寄せ下さい。子孫繁栄と健康長寿!

日本不妊カウンセリング学会に参加してきます。

ホームページを担当している土屋幸太郎です。

みなさま、こんにちわ。

ココログ版土屋薬局 中国漢方通信」にお越しくださいまして、ありがとうございます。

今週は、7日の木曜日の夜から東京入りです。

8日(金)は日本不妊カウンセリング学会に参加して、

各地のクリニックや先生方の発表を聴講します。

9、10日(土日)は、第20回不妊カウンセラー・

体外受精コーディネーター養成講座です。

充実した3日間になりそうです。最新の情報、医学知識を学んできます。

今回は薬剤師として、不妊カウンセラーになってから初めての学会ですので

「初心忘れるべからず」でがんばってきます。

不在の間は、ご不便をおかけするかもしれませんが、フィードバックできるよう

一生懸命勉強してきますので、今後とも土屋薬局をよろしくお願いいたします。

今回の第20回の養成講座は、以下のような演題です。

2007年6月9日(土) ニッショーホール

○生殖医療の基礎知識

不妊カップルの妊孕性の予測法とその臨床的意義」

○明日の生殖医療を学ぶ

「がん治療による不妊を回避する─卵巣凍結の展望」

○カウンセリングとケアの基礎

不妊カウンセリングに求められているもの~コミュニケーションスキルとその対応例~」

○カウンセリングとケアの基礎

不妊カウンセラーとして仲間たちとともに─認定試験優秀者講演」

○カウンセリングとケアの基礎

「ハイエイジの女性が治療をやめる時─私がカウンセラーの場合」

特別講演 「うつを理解する」

2007年6月10日

○生殖医療の基礎知識

「一般不妊治療の基礎知識─Evidenceと統計に学ぶ」

○明日の生殖医療を学ぶ

子宮内膜症不妊

○カウンセリングとケアの基礎

不妊治療とケアを取りまく倫理的課題」

○明日の生殖医療を学ぶ

減数分裂から出産まで─動画で理解しよう!」

勉強した得た知識は、また報告していきます。

山形はすっかりのさくらんぼの農繁期となっております。

みなさまも、どうぞ元気に良き日々をお過ごしください。