不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

周期療法における活血化淤の応用(7)

活血剤の比較です。

1)冠元顆粒(かんげんかりゅう)→気滞血淤(きたいけつお)の基本方剤

2)血府逐淤丸(けっぷちくおがん)→気滞血淤(偏熱)

基礎体温↑、のぼせが強い

3)弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)

若干、補う作用がある。

気血水を一緒に治療する。

調経止痛。血府逐淤湯や桂枝茯苓丸の成分が入っている。

むくみ、生理前の下痢、卵巣の腫れ、舌の苔が多い。

4)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

ゆるやか。

5)爽月宝(そうげつほう)→寒凝疼痛(かんぎょうとうつう)

6)水快宝(すいかいほう)→破血消腫(はけつしょうしゅ)

淤血が解消されないとき+田七人参(活血止血養血)

Imgp8830070814

<2007年8月14日撮影 おくらの花

Imgp8846070814

<これも自然の神秘 「綿(わた)」の蕾です>

Imgp8859070814

<観葉植物に朝顔の種が飛んだのでしょう。伸び伸びと咲いています>