土屋薬局公式ブログ|山形県東根市

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎がログしていきます。健康に役立つ季節の食養生、薬膳、ツボ、心の持ち方など。漢方、中医学。妻との会話も好き。電話相談0237-47-0033。寒河江市、河北町谷地、長井市、村山市、新庄市、尾花沢市、天童市、山形市、上山市などの方はどうぞご来店くださいね!

子宮頚部異形成の漢方対策

おはようございます。土屋です。 

今日は、10月13日の何(ふ~)先生の漢方相談会で、マンツーマンで教わったことのメモ書きです。箇条書きでいきます。 

白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)は、五行草(ごぎょうそう)の力が弱いときに、皮膚病に使う。五行草は、皮膚病と腸に効く。 

下痢の菌にも良い。 

湿疹とは、「腸の汚いもの」が原因だから、腸をきれいにするものは湿疹に効果的。 

五行草は、腸をきれいにするイメージ。 

星火健脾散(せいかけんぴさん)と合わせると効果的。 

星火健脾散は、平性で、胃腸を保護する。

 

 アトピーの人は、冷たい牛乳をよく飲む。 

↓ 

大きなタンパクで、腸に負担がかかる。 

冷たいから、腸の滞在時間も短い。 

↓ 

五行草がとってくれる。 

 

インフルエンザの時期に、板藍茶(ばんらんちゃ)を涼解楽(りょうかいらく)に合わせて使う。 

 

白花蛇舌草→皮膚表面の免疫細胞を強くする。 

(もともとは、中国では白花蛇舌草は大腸ガンや悪性リンパ腫などリンパのガンなどに使用されている)

 

 五味消毒飲(ごみしょうどくいん)は、夏の飲料。 

黒砂糖を入れると、→体を温める、胃腸保護、養血。などの意味がある。 

光州では、コカコーラよりも五味消毒飲飲料が売れている。 

日本では、五味消毒飲+婦宝当帰膠などの組み合わせが考えられる。 

土屋薬局では、婦宝当帰膠と組み合わせるといいでしょう。 

婦宝当帰膠は、その場合には、少量で良い) 

 

※五味消毒飲は、日本では五涼華(ごりょうか)として発売されています。

  

子宮筋腫→活血化淤(かっけつかお)+白花蛇舌草 

五味消毒飲+弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)も考えれる組み合わせ。 

何先生の東京での相談の体験では、二人のお客様の子宮頚部の細胞異変(子宮頚部異形成)に、たとえば弓帰調血飲第一加減などの活血化淤に白花蛇舌草または五味消毒飲で、4A→1Aに(5Aはガン)なったので、とても喜ばれた。 

二人とも、最初から「ガン」とは言わなくて、普通の漢方相談だったが、結果的にガンの恐れが消えて喜ばれた。女性の子宮の病気は多い。

 

 BBTが高めの相談。 

天王補心丹(てんのうほしんたん) 心(しん) 

+ 

潟火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう) 肝(かん) 

+ 

潟火補腎丸(しゃかほじんがん) 腎(じん) 

 

心肝腎(しんかんじん)の君火、相火を同時に抑えた結果、BBT(基礎体温)が下がって、おりものがいっぱい増えた。 

40代の人で、とても喜ばれた。

 Imgp0540071019

 <2007年10月18日撮影 「金木犀」 散歩していると秋の香りがしてきます>