親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

子宮外妊娠後の漢方相談

こんにちわ、土屋です。

子宮外妊娠で、流産された方の相談を昨年2月にお受けしました。

子宮の右側の間質部に絨毛の組織が残っているとのことで、

1)次回の出産時は、帝王切開となる。

2)右の卵管をとりたくない。

という相談でした。

絨毛が残っていると、つねにHCGが高くなること。

ごくまれに、悪い組織にもなることがあるそうです。

という真剣な相談で、私も初めて相談する内容でしたので、

必死になって考えました。

淤血(おけつ)を解消することを目的にしました。

○当帰(とうき)製剤

○丹参(たんじん)製剤

○水蛭(すいてつ)製剤

と3つお勧めしました。

その後、2~3ヶ月お続けになっていて、連絡が無かったのですが、

今年になって、最近連絡を頂いたところ、病院で経過観察をしているが、

結局 卵管の切除をする必要が無くなったとのことでした。

今後は、まだ前回の妊娠のときの絨毛組織が間質部に残っているので、

つまり子宮が完全にきれいになっていないとのことで、

再度 活血化淤(かっけつかお)を中心にお勧めすることにしました。

経過がより良くなれば、と期待しています。

Imgp1541080117

<2008年1月17日 若木(おさなぎ)神社は雪模様>

Imgp1546080117