土屋薬局のはてなブログ

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

更年期障害の漢方相談で、不眠、五十肩、肩甲骨も

約35分間くらい、お話を聞かせて頂いていました。 

もうすぐ60歳になろうとする主婦の方からですが、体調が悪いために、今まで外出が難しかった。 

自分の悩みを聞いてくれる人が居なかったので、今日は電話をして本当に良かったと喜んで頂きました。 

婦人科では、漢方薬・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)と加味逍遥散(かみしょうようさん)を服用していて、地元の薬局からも漢方薬を2種類購入しているが、それでもなお調子が悪くて、もっと体調を良くしていきたいとのことでした。 

(最近は、このパターンの相談もけっこう多いです) 

 

神経内科からは、ソラナックス。 

眠れないときに服用しています。 

更年期障害、風邪を引きやすい、婦人科の先生から淤血(おけつ)体質と言われた。 

一時は一人で外出も出来なくてヘルパーさんに来てもらっていた。 

動悸、突発性難聴から耳鳴りが残った。 

不眠、五十肩もひどかった。 

背中の肩甲骨から調子が悪くなる。 

手足が冷える、とくに膝下が冷える、最初は皮膚にビリビリした感じだったが、やがて肌に痛みとして残った。 

介護保険制度が出来る前に姑の世話をしていたことが大変だったなど、お話を聞かせて頂いていました。 

長年悩んでいるときに、お友達に当店の電話番号を教えてもらったそうです。 

話も最後のほうになると、お客様の主張も定まってきまして、

☆2人の娘のために元気でいたい。 

(主人は年上で、私のほうが長生きするから、将来とも娘の力になりたい) 

☆体調を良くしたい。 

☆これからは、遊んで気晴らししていきたい。 

☆友達を沢山作りたい。 

 

一番の気がかりは、2人の娘とも卵巣嚢腫があって、親として自分の淤血(おけつ)体質が遺伝してしまったかと思うと、責任を感じてしまうとのことでした。 

娘様にも、それぞれ卵巣嚢腫に効き目のある漢方薬はあって、当店では実際に実績もあることなどを伝え、そのお客様本人にも、病院の加味逍遥散と半夏厚朴湯と一緒に併用できて、「相乗トリプル効果」になる漢方を1つお勧めさせて頂きました。 

年金が出るまでは、家計も厳しいので、自費で薬局で購入する漢方も一つだけにしてもらうと助かるそうです。 

漢方相談に応じる薬剤師としては、やはりお話をお聞きすることも、病気が治るためには大切なんだなあと再認識しました。 

「漢方相談できて、話を聞いてもらって本当に良かった」と喜ぶお客様の弾んだ声を聞きながら、今後ともこの気持ちを忘れないようにしよう…と思いました。