親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

カンジダ膣炎、にきびの漢方相談

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日の仕事をしていて、心に残ったこと。

1)にきびの相談がありました。

お母様からのご相談です。

娘さま 18歳。大学生。

にきびが高校時代から、ひどくて治らない。

痒みで夜に顔を掻いてしまいます。

今は、赤みがひどく、やけどのような状態になっているとのことでした。

ホームページなどで情報を得たようで、「イスクラ清営顆粒を使ってみたい」というリクエストもありました。

よくお話を聞かせて頂きまして、その他、にきびに効き目のある処方「お花の漢方薬」と「胃腸を丈夫にしてお肌をスベスベにする漢方」も併用をお勧めさせて頂きました。

今から、良くなるといいなあと期待しています。

にきびを解消するには、

1)からだに篭った「血熱(けつねつ)」を解消すること。

2)お花の成分の、軽くて上方に向かうベクトルの力を利用して、顔に薬効を集中させること。

3)胃腸を丈夫にして、体の中からお肌をきれいにすること。

この3点が大事です。

2)本日のご相談です。

肥満気味のお嬢さんからです。

カンジダ膣炎とにきび、そして癜風もあるそうです。

ポイント的には、

○肥満

○にきび

カンジダ膣炎

これは、すべて漢方的には、「痰湿(たんしつ)」という、水毒の老廃物の溜まったものです。

解消すれば、体重も落ちやすくなるし、カンジダ膣炎の再発防止やにきびや癜風などのお肌のトラブルにも効果があるはずです。

お勧めした漢方薬は3種類です。

○「お花の漢方薬」(お花の成分は、清熱解毒作用があり、局部の炎症や顔の皮膚病などに効果的です)

○「白いお花の漢方薬」(これも女性らしいお花の漢方で、炎症や痒みを鎮める働きに優れています)

○「胃腸を丈夫にして、ダイエットとお肌とカンジダの一石三鳥になる漢方薬

の3つをお勧めさせて頂きました。

この3つの処方で、1)ダイエット 2)お肌をきれいに 3)カンジダ膣炎 のすべてに対応する処方となっておりおます。効き目が楽しみです。

1日30分は歩いてもらうことを約束しました。

最近は、にきびやカンジダ膣炎などの、お肌関係の相談も増えてきています。

当店には対応できる様々な処方も揃っていますので、自信をもって相談しています。

みなさまのお役に立ちましたら、幸いです。

神町 「さくらんぼの白い花」

<2008年4月25日 神町 「さくらんぼの白い花」>

神町 「さくらんぼの白い花」

さくらんぼの白い花が満開です。