親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

生殖補助医療の有用性と限界

おはようございます。

 

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

 

今日は、茅場町のホテルから更新しています。

 

 

昨日の平成20年5月17日に鉄鋼会館で京都の足立病院不妊治療センター副院長であり、京都大学医学部非常勤講師の婦人科医・中山貴弘先生の講演を聞くチャンスに恵まれましたので、復習の意味も重ねて、このブログに書いていきたいと思います。

 

 

昨日の講演は、16時に始まって、18時半まで続くという、実に熱の入った講演会でした。

 

 

また打ち上げ会を近くのお店で開いたのですが、通常は私は講師と離れたところに座ることが多いのですが、なんとその離れた私の席の隣に、中山先生が座り、一緒にお話できるという幸運にも恵まれました。

 

 

気さくで明るくて、熱心で素晴らしい先生でした。

 

 

生殖補助医療の有用性と限界のスライド

 

 

先生によると、山形大学医学部婦人科は不妊治療でとっても有名だそうです。

 

 

また私の友人に、弘前大学医学部の婦人科医もいるのですが、弘前大学も頑張っているのだそうです。

 

 

その婦人科医の友達にも先生からよろしくと言われましたので、この場をお借りしまして、伝えておきます。

 

 

 

 

○本邦における不妊症の現状

 

1年以内に約80%のカップルが妊娠し、2年以内に約90%のカップルが妊娠にいたる。

 

残りの10%はその後の自然妊娠率が低い。

 

 

○治療を受けているカップル数は増加している。

 

1999年 28万5000組

 

 

2003年 46万7000組

 

 

 

 

ヒトは解剖学的に妊娠しにくくできている!

 

 

妊娠率は約20%/排卵日の性交

 

卵管に卵が入りにくい。

 

 

動物と違って、いつでも性交ができるヒトは、人口が増えすぎないように、作られているのではないか。

 

 

 

 

不妊の原因

 

精子が卵管に届かない。

 

 

○受精の場所

 

受精の場所である卵管に充分な数の運動精子がない。

 

 

○バリアー

 

頚官粘液不良、抗精子抗体陽性、充分な数の運動精子がない。

 

 

排卵のときだけ、頚官粘液が増える。

 

卵子が熟しているときだけ、頚官粘液が増える。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されると、頚官粘液がピタッと止まる。

 

 

 

 

治療方法は人工授精(AIH)です。

 

頚官をバイパスして、子宮腔に精子を注入する。

 

 

 

不妊の原因

 

卵子が卵管に届かない

 

 

○排卵しない

 

○卵管采周囲癒着

 

○間質部閉鎖

 

○峡部閉鎖

 

○卵管膨大部閉鎖

 

 

原因→クラミジア感染、子宮内膜症

 

 

卵管因子に対する治療

 

子宮卵管造影、通水法

 

※治療効果には限界があります。

 

 

卵管鏡下卵管形成術(FT)

 

FTカテーテル

 

卵管閉塞部

 

クラミジアなどで詰まっていることが多い。

 

FTカテーテルは、先端がバルーンになっていて、詰まっている卵管を広げる。

 

 

FTカテーテル後の妊娠率

 

(足立病院不妊治療センター)

 

妊娠成立 43%

 

妊娠せず 57%

 

 

費用の比較

 

IVF-ET 30万 保険適応 なし

 

FT 16万 保険適応 あり

 

 

FTの方法は、IVF(対外受精)をしたくない患者さんには、とても喜ばれる。

 

 

 

 

ここからは、昨日の懇親会で、中山先生や全国の有名な漢方薬局の先生、そして劉先生とお話をお聞きして、割り箸の袋にメモしておきましたので、無くさないようにアップしておきます。

 

 

○ET(移植)するときには、E2(エストロゲン)が高いと着床率が落ちる。

 

5000ピコ↑でその周期はキャンセルする。

 

 

○受精卵は白血球が認識する。→妊娠成立のときには、白血球数が増加して、1万を超える。ときには1万5千になるときもある。

 

 

○施設を選ぶときには、ヒステロファイバースコープ(子宮鏡検査)、体外受精での凍結胚移植がやれるところが良い。

 

 

○精子は魚のようなもので、精液は海。

 

パーッと、射精された精子は上がっていく。

 

 

○胚盤胞は、たとえば、この居酒屋の机の上にピタッと付いたり、シャーレにもくっつく。

 

それが妊娠しない人の場合、あのように環境の良い子宮内膜に付かないのは不思議。

 

 

○先生の年齢を聞いてすごく若く見えるのでビックリしたので、その秘訣をお聞きすると、「気が若いと、若いままでいられる」そうです。(笑)先生の上司も、若々しい先生がいて、気が若いそうです。

 

 

以上が、中山先生談です。

 

 

次に、漢方の先生たちの貴重な体験談をアップします。

 

(酒場のときのほうが、講演会よりも有用な話になることが多いので、不思議です)

 

 

○参馬補腎丸→排卵が早い人に良い。収斂作用があるから。

 

また流産防止にも。

 

 

○IVF3回失敗したら、クリニックを替えたらどうか。

 

 

○高温期の活血は、田七人参。

 

低温期は水蛭。

 

劉先生の体験では、排卵障害に爽月宝、水快宝、補中益気丸が効果があった。

 

 

○子どもの喘息には、双料参茸丸が良い。

 

6歳くらいの子どもだったら、1日1丸をかじると治りやすい。

 

 

以上です。

 

今日もスクリーングで研修を受けてきます。

 

みなさま、どうぞお元気で!

 

 

生殖補助医療の有用性と限界(2)」に続きです。