土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

チョコレート嚢胞の漢方の清熱解毒法

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

チョコレート嚢胞の方で、なかなか採卵できずに苦戦しているお客様がいます。

今までの過去の治療経過もすべて私に分かりやすいように、数枚に渡りレポートも書いている真面目な方です。

前回の体外受精の採卵で卵巣が一回り腫れたそうで、4ヶ月ほどこれから生理を止めて、卵巣がお休みに入ります。

次回は、今年の11月か12月の予定になりそうなのですが、それまでにも漢方でも「より良い状態を!」とのことで検討してみました。

過去の従来の方法は、オーソドックスな活血化淤(かっけつかお)主体の方法でしたので、今後は少し方針を変更してお客様の希望もありますが、違う方法で体調を整えていきます。

子宮腺筋症もそうですが、子宮内膜症、チョコレート嚢胞のときに、中医学の観点では淤血(おけつ)と考えるほかに、「炎症」があるとも認識します。

「炎症」があるのならば、対策は「清熱解毒(せいねつげどく)」になります。

これまで子宮腺筋症の方には、しばし「清熱解毒」法をお勧めしていて、けっこう効き目が良かったことが多かったですので、そちらのことも説明しまして、これからは「清熱解毒・活血」の方針で進めていくことにしました。

漢方の本場・中国でもこの「清熱解毒」の方法はポピュラーでして、一定の効果があることが報告されています。

ところでお味の方は、お湯に溶かして飲むと「苦い」味がします。

お湯に溶いて飲んで頂いたら、案の定「苦ーい」という感想でしたので、普通に1包をお口に入れて水で服用してもらうことにしました。

今後のより良き結果に今から期待しているところです。

我が家の朝顔

<2008年7月31日 我が家の朝顔

不妊症・婦人科疾患には経験豊富な漢方薬剤師、国際中医師、不妊カウンセラーが漢方支援。

毎年100名以上の方が妊娠、出産されています!

ホームページはこちら! →土屋薬局 中国漢方通信  

サテライトブログはこちら→土屋薬局のはてなブログ

山形県東根市神町の土屋薬局

子宮内膜症、子宮腺筋症でしたが漢方のおかげで妊娠出産」 「卵巣嚢腫、チョコレート嚢腫の漢方相談」こちらのコラムも参考になりましたら、幸いです。