不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

北海道湯破ツアー。知床 酋長の家と野田知佑、日本の川を旅する。

本日8月5日に土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン第94号を刊行しました。

その中の編集後記に写真を載せて紹介させて頂きます。

   // ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●● 5.編集後記 「知床と日本の川を旅する」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月の三連休に20年ぶりくらいに北海道へ行きました。

昔、学生時代に札幌・手稲のおばさんの家によく遊びに行っていました。

当時はスキーブームでしたから、天狗山や手稲オリンピックスキー場、マウント・レースイ、オーンズスキー場などに足繁く通っていたものでした。

山形出身の私は、「山形といえば、蔵王蔵王と言えば、海和」と呼ばれたそんな時代です。

さて時は流れ、平成の北京オリンピックを迎えようとしている年に、今度は八戸からフェリーで苫小牧へ上陸との運びになりました。

金曜日は、午後3時に仕事を早退して、一路東北道を「北北東に進路を取れ」で北上です。

八戸は友人たちが沢山いる街で、私の世話を焼いてくれます。

フェリー埠頭で待ち合わせ。

午後10時出港なので、それまでの時間は「ユニバース」に立ち寄って、札幌の友人へのお土産などを購入したりして時を過ごします。

フェリーといえば、鹿児島で桜島に行くときに乗りましたが、うどんを食べている間に到着してしまいましたし(笑)、飛島に酒田港から向かったときにはビールを飲んでいる間に着きましたので、8時間半も本格的に乗船するのは初めての体験でした。

友人含め私たち3人は「八戸組」で明日の朝6時半に苫小牧に着けば、前日から北海道に来ている東京組みと札幌在住のGさんに落ち合えます。

B寝台でゴーっという音を聞きながら眠りに入り、翌朝20年ぶりの北海道上陸となったのでした。

今回のツアーは、知床まで温泉を湯破(とうは)していくという壮大な計画で、

苫小牧→富良野→美瑛→十勝岳北岳→北見→知床。

最終日は知床から気合を入れて、苫小牧を目指すというロングランのドライブでした。

私たち温泉仲間の行動力、移動距離は半端ではないものを自負しておりますが、私たちのレンタカーは2000キロを越えたらしいです。(笑)

もちろん温泉も素晴らしかったですし、何より車窓の景色が素晴らしかったです。

富良野、美瑛も良かったし(富良野では、「北の国から」で宮沢りえちゃんが入浴していた露天風呂にも入ってきました)、いわゆる「北海道らしい道」を沢山体験してきました。

中標津町あたりの真っ直ぐな道。

本当に一直線だ。

周囲は草原に囲まれ、牛たちが放牧されている。

知床のオホーツク海を眺める道。

鹿が周囲を歩いている。

最後に個人的に強烈だったのは、知床で「酋長の家」という民宿に泊まった時のことです。

サイン色紙が飾ってあって、なんと「日本の川を旅する」と書かれていました。

あのカヌーで有名な、ガクと川を下っていて椎名誠さんとも有名な野田さん─私の青春のヒーロー─の代表作の「日本の川を旅する」を、ここ知床半島で見るとは!

女将さんの話では、最初は知床のホテルに泊まっていたが、つまらないのでこちらの民宿にやって来たこと。

そして、野田さんはカヌーで知床を一周したこと

「酋長の家」でアルバイトしていた若者たちも、「はい!僕たち、野田さん大好きです!」と答えたら、野田さんが喜んでいたことなどのエピソードも聞きました。

知性と野生を持つ男。

それが野田知佑さんです。

北海道の富田ファームのラベンダーや東川町から眺めた大雪山の風景も忘れがたく、北海道らしい夏の空、夏の雲も印象的でした。

北方領土の国後半島も眺められたので、感動をいろいろ体験した「北海道湯破ツアー」でした。

編集長 土屋幸太郎

八戸からフェリーは一路苫小牧を目指す

<2008年7月19日 八戸からフェリーは一路苫小牧を目指す>

美瑛「赤い屋根のある丘陵」

<2008年7月19日 美瑛「赤い屋根のある丘陵」>

知床・酋長の家

<2008年7月20日 知床・酋長の家 「日本の川を旅する」>