心と体の相談処 土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

男性不妊で精子無力症。精子の運動率が悪い漢方相談

おはようございます。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日の夜から急に涼しくなり、今朝も寒さを感じる山形です。

お盆を過ぎると、いつもの夏も終わり、秋に向かって季節が進んでいくようです。

山形県東根市神町の土屋薬局では日頃から子宝の漢方相談が数多く寄せられています。

多くのお客さまに喜んでいただいています。

病院での不妊治療がうまくいかないことで西洋医学一辺倒から東洋医学、漢方パワーを期待されるお客さまが増えてきました。

先週のお盆の期間中の漢方相談会は、宮城県からのお客様や首都圏に住んでいるカップルの方が帰省中に漢方相談に来られたりと、ふだん中々お会いできないような方々とお会いできまして、嬉しく思っているところです。

帰省中のカップルは男性不妊症で精子無力症。

ご主人の精子の運動率が悪いとのことのご相談でした。

病院の方が優しい病院で、地域の総合病院で不妊専門クリニックではありませんから、早急に体外受精や顕微授精を無理に進めることもなく、病院の治療方針として「患者さんからの希望があったときのみ、体外受精へ進む」のだそうです。

精子の運動率が一ケタ台ですから─なんとか漢方で自然に運動率を上げたい─というご相談で、お客様の舌ベロを見せてもらいましたら、舌に白い苔が多く、苔は一部ところどころが剥がれている、という慢性的に胃腸が弱いことが分かりました。

話をお聞きすれば、毎晩ビールを2本くらいお飲みになっているとのこと。

中国漢方的な養生としては、精子のためにも、妊娠するためにも、なるべく節酒、禁酒が望ましいことをお伝えしました。

けっこう中国での男科の相談の体験例を読んでいると「禁酒したこと不妊克服につながった」ことなども記載されていますので、日常の生活習慣、食習慣の改善も─健康な体づくりの観点からも大切なことになります。

よく奥様のほうにご主人の生活習慣を尋ねてみると、

○帰宅が遅い

○夕飯が遅い

○残業が多く疲れが溜まる

○睡眠時間が少ない

○家庭での飲酒習慣がある

○肥満傾向

などが多く見受けられるようです。

仕事もなるべく終わらせて、または終わらなくても良いから職場を出て早く帰宅するような生活習慣もとても大切だと思っています。

漢方は「胃腸を丈夫にすること」「胃腸を丈夫にして同時に精をつけること」を目的にしました。

妊娠につながるような良き結果を願っています。

もう一人のお客様─東京から土曜日に始めて来店されたお客様は─山形新幹線つばさに乗って降りる時刻も教えて頂いていましたので、スタッフが「さくらんぼ東根駅」までお迎えに上がったのですが、行き違いかとうとうずっと待っていてもお客様は現れませんでした。

気になって待っていたところ、突然に来店されましたので驚いたところ、駅でレンタサイクルを借りて当店までやって来たそうです。

「恐るべし!」の行動力です。(笑)

2時間ほど漢方相談をされまして─新幹線の帰る指定席の時間までたっぷりとありましたので、「東根温泉にも興味があります!」とのことで、再びレンタサイクルで東根温泉までお出かけになりました。

雨降りが多かった日ですから、その後の観光の模様などはまだ聞いておりませんが─楽しい思い出、自分自身を変えられるきっかけになる漢方相談─になって頂いたら、こちらのほうもとても嬉しいです。

最上川「三ヶ瀬の流れ」 大雨後の激流

<2008年8月17日 最上川「三ヶ瀬の流れ」 大雨後の激流>