親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

陰虚体質の漢方相談とおりもの

こんにちは、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

昨日は嬉しいお電話がありました。

流産後3ヶ月を過ぎて、「妊娠しました!」という声に私も喜びました。

5月から服用を始めていたのですが、その方は陰虚(いんきょ)という体質の方でした。

「口渇、手足のほてり、のぼせ、便秘」という、陰虚(いんきょ)という体が熱っぽくなる体質でした。

基礎体温も高めです。

これらは、基礎体温も含めてすべて「体の潤い不足傾向」があると認識しましたので、

補陰(ほいん)しながら、生理のリズムを整えることを目標にしたのです。

補陰(ほいん)とは、体に潤いをもたらす方法です。

その結果、次にお話をお聞きしたときには、

基礎体温が落ち着いてきて、排卵日のおりものが増えてきたとのことで、

終始一貫して体のリズムが良くなったのです。

排卵日のおりものは、子宮頸管粘液が増えたということになり、

卵胞の発育も順調になったことが示唆されますので、

適切な漢方をお勧めしたんだなあと、改めて私自身も勉強になった次第です。

Imgp4752080910_2

<2008年9月10日 鷺草>