親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

長崎の思い出と静岡講演会に向けて

先日、11月14~17日と長崎に講師としてお呼びの声がかかりましたので、

人生二度目の長崎県を体験してきました。

講演会は無事に終了し、12人の薬局の先生方にお話させて頂きまして

「想像以上に話が良かったわよ」とか

「来年もまた長崎に来て下さい!」と

評判上々でしたので、頑張って準備していって良かったなあと思う今日この頃です。

長崎から帰ってきてからは、予想通りに仕事が溜まっていましたので、

今までこのココログでコラムを書くこともままならぬ状況でした。

現在の私は、来月12月7日(日)に今度は静岡県で「婦宝当帰膠」などを中心として、

漢方の講演会に呼ばれていますので、再度パワーポイントで資料を作成していたところです。

大体、講演の資料は出来上がり、昨日は漢方相談会をしていたのですが、

来店されたお客様にも、パワーポイントをお見せしまして、

みなさま食い入るようにご覧になって頂けましたので、個人的には嬉しかったです。

さて、長崎県で私が体験した写真をお見せしましょう!

雲仙地獄の観光です。

Imgp2082081114

<2008年11月14日 雲仙地獄

Imgp2088081114

火山地でもうもうと温泉が沸いています。

Imgp2091081114

Imgp2095081114

今から400年前の1600年代の時代は、

日本ではキリスト教を邪教として迫害していました。

「転べ、転べ」と言いながら、この雲仙の熱湯で拷問にかけたのです。

よく車の無い時代に、小浜の港に船で漕ぎ着いてから、

この雲仙の山まで拷問のために上がって来た事だと、

びっくりしてしまいます。

「権利はない。たしかに権利はない。私はあの声を一晩、耳にしながら、もう主を讃えることができなくなった。私が転んだのは、穴に吊られたからではない。三日間…このわたしは、汚物をつめこんだ穴の中で逆さになり、しかし一言も神を裏切る言葉を言わなかったぞ」フェレイラはまるで吼えるような叫びあげた。「わしが転んだのはな、いいか。聞きなさい。そのあとでここに入れられ耳にしたあの声に、神が何一つ、なさらなかったからだ。わしは必死で神に祈ったが、神は何もしなかったからだ」

「黙りなさい」

「では、お前は祈るがいい。あの信徒たちは今、お前などが知らぬ耐えがたい苦痛を味わっているのだ。昨日から。さっきも。今、この時も。なぜ彼等があそこまで苦しまねばならないか。それなのにお前は何もしてやれぬ。神も何もせぬではないか」

司祭は狂ったように首をふり、両耳に指をいれた。しかし、フェイレラの声、信徒の嘆き声はその耳から容赦なく伝わってきた。よしてくれ。よしてくれ。主よ、あなたは今こそ沈黙を破るべきだ。もう黙ってはいけぬ。あなたが正であり、善きものであり、愛の存在であることを証明し、あなたが厳としていることを、この地上と人間たちに明示するためにも何かを言わねばいけない。

遠藤周作さんの「沈黙」 新潮文庫214ページから引用させて頂きました。

ありがとうございました。

羽田発、長崎行きの飛行機の中で、最後の章をずっと読み進めていました。

「よしてくれ、よしてくれ、主よ、あなたは今こそ沈黙を破るべきだ!」

のセリフなど、グッと心が「沈黙」のドラマチックな世界に

引き込まれていったのでした。

Imgp2098081114_2

ここでお亡くなりになられた殉教者の方々のお名前です。

「沈黙」にでてくるアントニオ石田神父の名前もあり、

本で読んだことがそのまま現実を因襲していたことに改めて

「沈黙」が問いた意味の深さに考えさせられたのでした。