土屋薬局ブログ|そろそろ妊娠出産準備始めませんか?

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。健康長寿と子孫繁栄に役立つ店舗を目指します。

下痢の漢方相談

おはようございます。

薬剤師の土屋幸太郎です。

今日は胃腸の話です。

○平成20年8月25日

Sさまは、82歳です。

県立病院で胃の手術をして8年経過しますが、

下痢が止まりません。

今現在は、コロネル、ラックB、パングリーンPなどを服用しています。

なかなか下痢が止まらないので、市販薬を服用したこともあったそうです。

朝は普通の便で、ごはんを食べると便がゆるくなります。

1回目の排便は普通の便で、2回目の便は下痢になることが多いそうです。

舌ベロは、胖大(ばんだい)という舌ベロで胃腸が弱そうな感じでした。

土屋薬局からは、下痢に効き目があり、胃腸を根本から丈夫にしていく漢方1種類をお勧めしました。

○平成20年9月23日

だいぶ胃腸の調子が良いです。

○平成20年10月25日

下痢は止まりました。

便は固まって、ときどきは便秘をするくらいになりました。

体調も良くて、太ってきているそうです。

<結論>

慢性の下痢などで悩まれている方も多いですから、

胃腸を丈夫にして下痢を解消する漢方もニーズがあると思います。

そのほか、若い女性の方ではクローン病不妊の方などがいらっしゃいますが、

その場合にも「胃腸を丈夫にすること」も考慮しながら漢方をお勧めしていきます。

実際、当店では来月の1月にクローン病の方で自然妊娠して

出産される漢方のお客様もいらっしゃいます。

Imgp5507081127

<2008年11月27日 若木山公園>