親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

おめでとうございます(流産後の漢方相談)

おはようございます。

 

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

 

今日の山形は昨日の午後からの雪が一晩中降り続き

降雪となっております。

 

実に冬らしい景色で、一面の銀世界になっています。

 

 

さて、お客様からの嬉しいお知らせです。

 

掲載許可を頂いています。

 

 

 

○平成21年1月6日

 

 

以前、お世話になっておりました。

 

おかげで妊娠し、出産までいくことができ、ありがとうございました。

 

途中、お腹の張りが強く、切迫早産などの心配もあり、

バタバタ?して漢方から離れてしまっていましたが、

また第2子を望み始めましたところ、以前のように生理が不規則のままです。

 

年齢も高くなってきていますので、少々心配しております。

 

最近卒乳をしたので、基礎体温を計り始めたばかりです。

 

母乳はもうほとんど止まってしまったようです。

 

またお世話になりたいと思っておりますので、

何から始めたらよいのか・・・など、ご助言いただけましたら幸いです。

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

○平成17年11月13日

 

 

Kさまの最初のご相談は、平成17年11月13日のときでした。

 

その年に、2度の流産を1月末と10月末にされました。

 

どちらも7週目くらいで稽留流産でした。

 

1度目は心拍まで確認されましたが、

2度目はほとんど大きくなりませんでした。

 

1度目の流産から基礎体温が乱れました。

 

月経周期は33~37日周期で月経期間は7日間です。

 

 

生理痛はありますが、我慢できないほどではありません。

 

排卵痛があります。

 

排卵の1週間前からお腹の右側が痛み、軽い腰痛もあります。

 

 

★流産後の体調を早く整えていきたいです。

 

★ホルモンバランスを整えていきたいです。

 

 

 

 

○平成18年5月9日

 

習慣流産の検査、染色体検査、抗リン脂質とも問題ありませんでした。

 

通院は終わりで、自然妊娠を目指していくことになりました。

 

 

 

 

○平成18年10月5日

 

 

本日、病院に検査に行き、5Wということで、8・6mmの胎嚢の確認ができました。

 

少しつわりの症状が出てきて、時折気持ちが悪くなったりします。

 

 

病院からは小児用バファリンをもらい、今日の夜から早速服用していますが、

これと併用して漢方を服用しても大丈夫ですか?

 

土屋薬局さんでしたら、不妊治療にとてもご理解があるので、

安心しています。

 

これから毎週検査となりますが、

なんとか無事に乗り越えれば…と思います。

 

 

 

 

という経過でした。

 

今後ともKさまの良い結果を心から願っております。

 

 

漢方的には、流産後のホルモンバランスを整えるような処方をお勧めしまして、体調が整ってきましたら、妊娠しやすく、そして同時に安胎(あんたい)も兼ねるような方法を提案させて頂きました。(^^)

 

Imgp5732090110

 

<2009年1月8日 啓翁桜>