はてなブログ土屋薬局 漢方通信

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。自分たちの不妊体験も活かして誠実に漢方相談に応対中です。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。遠方のかたにはオンラインのメール相談で漢方相談表と子宝相談表を用意させていただきました。

山形交響楽団のブルックナー第5番を聴いてきました。

昨日の2008年1月18日、山形テルサで山形交響楽団定期演奏会を聴きに行きました。

なんと地方の山形でありながら、ブルックナーの大作第5番、1曲の演奏でした。

指揮者飯森範親さんの開演前の解説も分りやすく、何より演奏が素晴らしかったです。

今まで、ヴァントさんがベルリンフィルを指揮したCD「ブルックナー第5番」を聴いていてよく分らなかったことが、今回の演奏会ですごくよく理解できました。

今まで東京でしか、たとえばNHK交響楽団でしかブルックナーを聴けないんだと、

地方の僻み妄想があったのですが、昨日の公演ですべてが綺麗に溶けてしまいました。

どうして山形交響楽団は、あんなに演奏がうまいのか。

飯森さんの指揮は、なんであんなに若々しくダイナミックで、

しかも曲のすみずみにブルックナーの精神が伝わるかのように歌えるのか。

最後の最後までだれることなく、力強くしかも精霊が降りてきてかのように─まるでブルックナーが教会でオルガンを弾いているかのような─曲が弱くなるところでもメロディ-があり素敵でした。

最終楽章は、第一主題が表れては、ある楽器が「いや違うんじゃない?」と打ち消して、第二主題が表れては「いや、それもまてよ。それも違うんじゃない」とブルックナーが呟くように曲が流れ、その後天上からコラールが降り注ぐかのようにフィナーレに向かっていきます。

ブルックナーの第五番って、実は曲が明るいし、勢いがあって生命力に満ち足りているんですね。

何も難しいことを考えなくても、コンサートに足を運べば、CDと違って曲を理解できることを知った一日でした。

私が今まで聴いた中で、スーパーベストな演奏会でした。

昨年はブルックナーの第4番「ロマンチック」を聴いたし、今年は5番も聴いたし、また嬉しいことに3番もやるそうです。

今度の3番を楽しみにしながら、いつか7、8、9番も聴いてみたいな~と今から楽しみにしている今日この頃です。(笑)

はい、飯森さん指揮、山饗のブルックナー第5番は名演で、ブルックー拍手が鳴り止まなかったのです。

飯森さんは以前、「山形はドイツと似ている」と語っていましたが、いよいよ山形交響楽団もドイツ並みの素晴らしい演奏に近づいてきているようです。(北ドイツじゃなくて、南ドイツの明るい感じ)