親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

お客様の風邪の漢方対処法

おはようございます。

薬剤師の土屋幸太郎です。

昨日は仙台で南東北中医薬研究会の研修会がありました。

仙台からは今朝早朝に帰ってきたのですが、

仙台も雪が降りましたので、雪景色を見ながらのドライブで、

なんとなく爽やかな気持ちでいっぱいです。(笑)

さて最近はインフルエンザや風邪が猛威を振るっていますが、

当店のお客様Sさまから嬉しい報告がありました。

掲載許可を頂きました。

○平成21年1月30日

こんばんは!

インフルエンザが猛威を振るっていますね。

我が家は今のところ大丈夫ですが、私が久々に風邪を引きました。

2日前から悪寒と喉の痛みで、葛根湯と天津感冒片を飲んで一汗かきました。

板監茶でうがいもしていますが、午後になると微熱が出て

喉の痛みはずっと残っています。

年度末も近づき、何かと幼稚園や学校に行く機会が多いので、何かお薬があったらお願いします。

この冬、新たに二名に漢方(特に板監茶)をご紹介しました。

たまたま二人とも副鼻腔炎の顔面痛と頭痛のピークでしたが、

板監茶でうがいをして、10分ほどおしゃべりをしている間に

「あれ!?痛みがなくなってる!!」と大喜びでした。

それからは家族中でせっせとうがいをしているそうです。

お母さんは、お子さんの通院回数が激減してとても喜んでいました。

では宜しくお願いします。

Sさまの素晴らしいところは、悪寒と咽喉の痛みの2つの症状に、

葛根湯と天津感冒片の2つを合方して服用したことです。

○悪寒(おかん)→風寒(ふうかん)証→葛根湯で体を温めて汗をかいて治す。

○咽喉の痛み→風熱(ふうねつ)証→天津感冒片で咽喉の痛み、炎症を解消する。

本当に素晴らしい風邪の漢方養生法で感服した次第です。

漢方的センスが良い服用方法です。

板藍茶のうがいも上手にしていますので立派だと思います。

お子様の風邪予防に、かなり役立っているそうです。

(午後からの微熱には、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などを紹介させて頂いています。)

Imgp5791090202

<2009年2月2日 「椿」 土屋薬局店内>