土屋薬局ブログ|山形県東根市

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

おもひでぽろぽろ(後編)…紅花の山形路

おもいでぽろぽろ(前編)…紅花の山形路

おもいでぽろぽろ(中編)…紅花の山形路

の完結編です。

Imgp7367090708

紅花をよく観察してみると、蕾から花が咲くときには、

赤い火煙のような花びらが出てきます。

Imgp7358090708

次に紅花の私たちがイメージする黄色っぽい花が開いてきます。

Imgp7356090707

おばあちゃん曰く「中も開いた」状態です。

うーん、やっぱりステキです。

県内ニュースでは、白鷹で紅花祭りとかありましたので、

山形県内各地では紅花があちこちで可憐な花を咲かせているようです。

そして今回は、久しぶりに漢方コラムとなりますので、

大塚敬節先生の「漢方と民間薬百科」より引用させて頂きます。

○紅花(こうか)

紅藍花(こうらんか)ともいう。

キク科のベニバナの花弁で、「金匱要略(きんきようりゃく)」という漢方の古典には、「婦人の62種の風、および腹中血気刺痛は、紅藍花酒(こうらんかしゅ)これを主(つかさど)る」とあって、いろいろの婦人の病気、ことに腹の痛む病気に、この薬がきくことがわかる。

紅花は、血を清浄にして、血のとどこおりをなおし、月経不順をなおし、腹痛をなおす効がある。」

このごろ、これを材料にした高血圧症の薬ができている。

(大塚敬節先生、主婦の友社さん、355ページより、引用させて頂きました。ありがとうございました。)

Imgp7340090707

おばあちゃんにペコリと頭を下げて、紅花の新聞紙包装の花包みを持ち帰り、

今は仏壇の前に可憐な紅花を添えさせて頂いています。

おばあちゃん、どうもありがとうございました。