土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

不妊症におけるLUF(黄体化未破裂卵胞)の漢方を中医師に聞く

おはようございます。

子宝の漢方相談で難しい質問が来たので、恩師の中国人の不妊症のベテランの先生に漢方相談の問い合わせをしました。

「漢方服用後、1週間ほどで就寝時の手足の冷えが改善されてきたような感じがしますが、基礎体温は、低温期の体温が上がったり下がったりの波型で、(先月より波が激しいような感じ)高温期は先月までとあまり変わらず、36.6~36.7度といった状態です。」

「婦人科では、これまでどおり、hcg注射投与・デュファストン服用をしておりますが、 今回も、排卵できずLUF(黄体化未破裂卵胞)が確認されました。漢方の効果か、卵胞の育ちは悪くないように思うのですが・・。やはり破裂してくれません。。」

「担当医師からは、・次回はhcg注射を増量して再度トライ・それでも排卵されないようなら、自然妊娠は難しいと思うので体外受精を勧めるといわれております。」

<恩師の中国人の漢方医の先生から、LUF(黄体化未破裂卵胞)への漢方アドバイス

LUF(黄体化未破裂卵胞)→理気活血(りきかっけつ)で破血化淤(爽)、気を開く漢方薬など排卵期に(爽月宝だったり開気丸だったり)

婦宝当帰膠ベース

滋陰(じいん)、補陽(ほよう)の漢方薬を同時に使う

滋陰→目に良い漢方のロウ丸(杞菊地黄丸)など、卵胞期1回1丸×2回のときもある。

補陽→人参と鹿茸が主薬の漢方薬四分の一丸×2回、高温期は増やす

生理中は丹参製剤など併用。(冠元顆粒など)

以上、不妊症の子宝漢方におけるアドバイスをブログ化しておきました。

若木山公園 イチョウの枯葉の絨毯です

<2009年11月8日 若木山公園 イチョウの枯葉の絨毯です。>