土屋薬局ブログ|子宝漢方で妊娠出産を全力応援!

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

仙台からのお客様・カンジダ膣炎の漢方相談

木曜日にも関わらず、仙台から午前中に1組のお客様カップル。

午後にも仙台からのお客様に、山形市東根市と4人の方の新規相談がありました。

流産後の漢方相談、40代以降で体外受精をするにあたりのバックアップ漢方、20代のかたの自然妊娠を目指す漢方相談、カンジダ膣炎の漢方ご相談などでした。

今日は、この中でカンジダ膣炎の漢方相談に関して述べさせて頂きます。

カンジダ膣炎など陰部の痒みの漢方相談には、通常は中医学では「湿熱(しつねつ)」が絡んでいると考えています。

清熱利湿(せいねつりしつ)の方法や清熱解毒(せいねつげどく)の方剤に、脾気虚(ひききょ)で胃腸が弱くて、湿邪(しつじゃ)が下注(かちゅう)していることも原因の一つですから、補気健脾(ほきけんぴ)などで胃腸を強化することも大切です。

カンジダ膣炎を解消してから、生理のリズムを整えるなど良い方法だと思います。

北茨城市 ざくろ

<2009年11月23日 北茨城市 ざくろ

北茨城市 ざくろ

中医学に詳しい薬剤師(国際中医専門員)、不妊カウンセラー(NPO法人不妊カウンセリング学会認定)による親切な相談。じっくり話を聞いて一人一人の体質や年齢、症状に応じて相談しています。どうぞお気軽にお声をかけて下さい。

Imgp2065110416ts_2

土屋幸太郎 <2011年4月16日 京都平安神宮で 妻と>

土屋薬局 中国漢方通信/漢方専門の薬剤師、不妊カウンセラーが相談します。

土屋幸太郎・薬剤師、不妊カウンセラー(@tutiyak) - Twilog

土屋幸太郎・tutiyakツイッター

土屋薬局 中国漢方通信メールマガジン

所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

Google mapによる所在地

営業時間 第二、第四日曜日お休みです。

平日 午前8時~午後7時  土日祭日 午前8時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

なにか悩んでいたら、気軽にまずメール1本ください。または気軽に(といっても勇気がいると思いますが、思い切って電話してください)

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651