土屋薬局ブログ|子宝漢方と痛み、しびれ、耳鳴り

こんにちは!薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていましたが、我が子をこの手で抱けてとても幸せを感じています。大切に大事に育てます。私たちには中医学(中国漢方)での体質改善や食養生がよく効きましたので、子宝の漢方薬にとても感謝しています。不妊、不育でお悩みのかた、またそれ以外の漢方相談(痛み、しびれ、耳鳴など)も承ります。ぜひ土屋薬局までご相談お寄せ下さい。

全豪オープンテニス

昨日、たまたまWOWOWをつけたら、全豪オープンテニスを放送していました。

試合は女子4回戦 ビクトリア・アザレンカ (BLR) 対 アグネツカ・ラドバンスカ (RUS) の白熱した試合でした。

アナウンサーと解説の方がしきりに喋っています。

ラドバンスカが形勢不利になってきて、態度や顔にそれが出てきたことを解説者が指摘していました。

「辛いとき、苦しい時も顔に出てしまったら駄目なんですね」

「最近は、プロスポーツの世界では、メンタルトレーニングも重要視されていて、辛いとき、追い込まれたときも顔の表情を変えないことが大切であると言われています」

「そうですね、たしかに笑顔を作ると脳がリラックスすることが分かっていますからね」

「普段から、笑顔や態度などに心がけるべきですね」

「逆境に追い込まれたら、そのときは平然とした態度や顔の表情が大事なんですね」

とまるでアナウンサーと解説者の方が、私に人生訓を語るかのようにテニスが進行していきます。

恐るべし、WOWOW。

今年は、私の長年のアイドルのベルギーのエナン選手も復活しているし、またテニスの大会を追っかけたくなりました。

アメリカのシカゴに行った時に、スポーツバーで白人の紳士たちがテニスを見ながらミラービールを飲んでいたのを見て以来、なんかテニスの試合には興味があるんですよね。