はてな版土屋薬局 中国漢方通信

土屋薬局ブログです。薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医専門員の土屋幸太郎です。私自身、42歳で結婚して52歳で我が子をこの手で抱けて感動しました。結婚して10年以上の月日が経ち、妻が妊娠中も毎日、夢みたいと思っていました。私たちには漢方での体質改善がよく効きました。そのような自分たちの不妊体験も活かして誠実に相談に応対中です。土屋薬局は女性薬剤師もおりますので気軽にお越しください。健康に関する気になる悩み、子宝相談などご予約・お問い合わせは電話0237470033まで。

耳鳴りの漢方相談

こんにちは。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

みなさま、お元気でしょうか?

私のほうは先週の日曜日に東京で中医学基礎講座を初心に戻って受講して勉学に励んで帰ろうとしたら、福島県地震山形新幹線が不通になる不運に見舞われ、それから月曜日からは毎日一生懸命働いております。

お陰様で仕事が忙しくて、ブログをアップする暇もままならく、15日の月曜日に土屋薬局メールマガジンを刊行して以来、ここココログではご無沙汰していました。

さて、お客様から

「耳鳴りはまだ鳴っていますが、嫌な夢を見る事がなくなり、目覚めが良くなりました」という嬉しいコメントを頂きました。

漢方では耳鳴丸(じめいがん)という耳鳴りの漢方が有名ですが、このお客様には一切耳鳴丸はお勧めしていないで、他の方法でやっています。

舌ベロの苔がやや白くて厚めでしたから、痰湿(たんしつ)という邪気(じゃき)が耳の経絡を阻害していると睨んで、それに合うように漢方をお勧めしています。

痰湿→耳の経絡を阻害

が耳鳴りの原因だと思いますから、対応策としては、

○去痰(きょたん)

○経絡を通す

この2つを同時に行うことにして、良い感じになってきました。

何事も「相談ありき」なんだなあと当たり前のことなんですが、実感したところです。

今後とも「耳鳴りの漢方相談」頑張ります!

Imgp4861

<2010年2月20日 十国峠からの眺め>