親切な漢方相談|土屋薬局ブログ

あなたの妊娠力をあげるために、土屋薬局では女性本来のちからを引き出すお手伝いをします。痛み(腰、ひざ)しびれ、耳鳴り、疲労感、ぢ、頭痛、腹痛、めまい、冷え、頻尿、のぼせ、更年期障害、皮ふ相談(吹き出物、肌荒れ)、不妊、便秘、目のかすみ、高血圧、糖尿、後鼻漏、肥満、ダイエット、肩こりなど「心と体の相談処」ご来店、お電話、メールなどでご相談ください。

無排卵・無月経…その2 卵巣予備能を予測する

ovarian reseve(卵巣予備能)を予測する

年齢 35歳以下、35歳以上

FSH 10以下、10以上

D3 E2 75以下、75以上

D10 P4 0・9以下、1・1以上

AMH 15・7~48・5、15・7以下

D3 インヒビンB 45以上、45以下

AFC 5以上、5以下

クロミッドチャンレンジテスト

GAST(フレアーアップを見る)

AMH、インヒビンB、FSH、エストラジオール

AMHは根源の近いところが分る。

無月経について学ぶ前に(3)

性腺機能低下による無月経

性腺機能低下のない無月経

=子宮性無月経

→子宮内膜の欠損

→流出路の閉塞

無月経の定義と分類

無月経=amenorrhea

no month flow

原発無月経 Primary amenorrhea

続発性無月経 Secondary amenorrhea

無月経の定義

13歳まで 月経がない  思春期の変化を欠く

15歳まで 月経がない  思春期の変化の有無に関係なく

それ以上 3回分の月経周期がないか、6ヶ月以上月経がない

無月経 Amenorrrhea 無排卵  Anovulation

子宮や膣に異常が場合(子宮性無月経でない)場合

正常PRL   高PRL血症 →

常排卵   黄体機能不全、無排卵無月経

ゴナドトロピンとエストロゲン値からみた性腺機能低下(hypogonadism)の分類

ゴナドトロピン高値  LH/FSH  ↑  エストロゲン ↓  障害発生部位 卵巣

ゴナドトロピン低値  LH/FSH  ↓  エストロゲン ↓  障害発生部位 視床下部、下垂体

ゴナドトロピン正常値       正常        正常             さまざま

WHO排卵障害の分類

クラス1

視床下部からのGnRH分泌の低下、もしくは下垂体のGnRHへの反応性の低下、5~10%を占める。

クラス2

PCOSが含まれる。70~85%を占める。

クラス3

Premature ovarian failure や  ovarian resistance

10~30%を占める。

Hyperprolactine anovulation 5~10%を占める

Imgp5374

<2010年4月3日 水天宮>

花咲く水天宮です。

今日も賑わっていました。

Imgp5377

Imgp5378

突如、大空には飛行船が現れました!